tel:08006001281
東大阪片付け隊
電話番号0800-600-1281受付時間:8:30~21:00《年中無休》
東大阪市周辺の不用品回収はイチエイクリーンサービス > コラム > ソファーの処分方法

ソファーの処分方法

2021.5.12

こんにちは^ ^

大阪市淀川区で不用品回収、粗大ゴミ回収をしておりますイチエイクリーンサービスです。

意外と大きくて処分に困るソファ。屋内から運び出すのもい一苦労ですよね?

そもそもソファはどうやって処分すればいいのでしょうか?

費用は?簡単に処分できる?

今回はソファの処分方法についてご紹介します。

自分で解体する

ソファをご自身で分解・解体して自治体のごみ収集に出す方法です。

メリットは無料で処分できる点です。

しかし、ソファは様々な素材から作られており、解体するのもなかなか大変な作業です。

表面の生地は、布・合皮・本革などの素材が使われているのでハサミやカッターなどで切断して細かくすれば家庭ゴミで出すことが出来ます。

中のクッション部分は、鉄のスプリング・ウレタンなどが使われている場合が多いでしょう。ウレタンはハサミやカッターなどで切断できますがスプリングは鉄で出来ている場合が多く、細かく切断するには工具が必要になるため難しいかもしれません。

フレーム部分は、木製の物が多いですが中には鉄製の物もあります。木製の物であればノコギリなどで切断し家庭ごみで出せる大きさにカットしましょう。

鉄製のフレームの切断は、特殊な工具が必要になるので難しいかもしれません。また鉄製のものは、ご家庭では無理に解体しないほうがいいかもしれません。

ソファの解体にはそれなりのスペースや工具が必要になりますしハサミやカッターで怪我をする可能性もありますのでおすすめできる方法とは言えません。

自治体に粗大ゴミとして回収

粗大ゴミの処分と言えばまずこの方法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

各自治体によって多少の違いがありますが主に以下のような流れです。

    1 インターネットや電話で自治体の粗大ゴミセンターに申し込み
    2 回収料金・回収場所・回収日を確認
    3 回収料金の有料ゴミ処理券をコンビニなどで購入
    4 処理券をソファの目立つところに貼る
    5 回収日までにソファを回収場所まで搬出
    6 自治体の作業員が回収
    自治体の粗大ゴミ回収のメリットは処分費用が比較的安いことです。

デメリットとしては、回収日までに時間がかかることや有料ゴミ処理券を用意し、ソファを回収場所まで運ばなければいけません。

自治体のゴミ処理施設に持ち込む

自家用車などで直接持ち込む方法です。

自治体によって有料ゴミ処理券が必要な場合と持ち込んだ際に支払う場合があります。自治体に粗大ゴミとして回収してもらう方法と同じように、処分費用が比較的安く済むのがメリットと言えます。

しかしソファを車に積み込み、処理施設まで運搬しソファの荷下ろしまで全てご自身で行わなければならず、あまりおすすめの方法とは言えないでしょう。

また自治体によっては一般の方の持ち込みを受け付けていないところもあります。

買い替え時に引き取ってもらう

ソファを新しく購入する際にその購入する店舗で引き取ってもらう方法です。

購入したソファを配送してもらうときに古いソファを引き取ってもらえるので手間がかからないのがメリットです。

ですが、引き取りは無料ではありません。処分料金が発生します。

購入する際に確認してください。

ソファの数量や購入金額にもよる物が多いかと思います。

不用品回収業者に依頼する

電話やネット、業者によってLINEで連絡するだけで自宅まで回収に来てくれるので最も手間がかからない方法です。

回収料金は、業者によって様々ですが自治体の回収料金よりかは高い場合が多いと思います。

しかし買い取りサービスを行っている業者も多いため、状態が悪くなければ買い取ってもらえる可能性も高く、ソファをお得に処分できるので助かります。

また無料の見積もりを行ってくれますので依頼して、買い取り可能か、回収料金はいくらになるのか確認してみるといいでしょう。

手間もかからず、ご自身の空いている時間に来てくれるので一番楽に処分出来ます!

WEB限定の30%割引キャンペーン実施中!

新規でお問い合わせいただいたお客様限定

新規でお問い合わせのお客様限定

20%割引キャンペーンを実施しております!

ホームページを見たとお伝え下さい
相談
無料
電話番号0800-600-1281受付時間:8:30~21:00《年中無休》
相談
無料
電話番号0800-600-1281受付時間:8:30~18:00《年中無休》(作業は夜間作業も対応しております。)