tel:0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロにお任せ!

下記のクレジットカード決済が可能です。

イチエイクリーンサービスで利用可能なクレジットカード画像

受付時間:8:30 ~ 21:00(年中無休)

0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロ > コラム > 電気ケトルの処分方法

電気ケトルの処分方法

2021.12.11

こんにちは^^

12月に入り一段と寒くなりましたね。

インフルエンザも流行すると言われていますが今年もどうにも分からないですね。。。

手洗い・うがいなどしっかりし予防しましょう!

さて今回は電気ケトルの処分方法です。

大掃除などで処分しようか残しておこうか悩む方もいるのではないでしょか?

 

電気ケトルって?

一人暮らしの方にも大家族の方にも役立つ電気ケトルですが、どんなものかご存知ですか?

各メーカー、色々なサイズや色・機能があります。

みなさんよくご存知なのは、あっという間にすぐに沸くというフレーズは聞いたことはありませんか?

水を入れればスイッチオンでお湯になります。

基本的には湯沸かしのみで一部製品で保温機能付きのものがあります。

お湯を素早く沸かせる点が魅力で必要な分だけお湯を沸かせます。

本体と電源台がセットになっていて本体を電源台の上に置いてお湯を沸かします。

お湯が沸くとスイッチが自動でオフになり、本体を持って直接カップなどに注ぐことが出来ます。

夫婦世帯日中家にいない世帯に向いている製品です。

電気ケトルは電気によって熱を発生されて暖めることを原理とした電気式ヤカンです。

電気ケトルと「ヤカン」との利便性の違いは「コンロを塞がず」「短時間で」熱湯を作れるという便利さが」挙げられる。コンセントに接続して数分で熱湯を得られる。

電気ケトルは、欧米などで広く普及しているが国内ではあまり普及していない。国内では電気ケトルによりも電気ポットが昔から使われており、お茶やコーヒーを飲むたびに湯を沸かすよりも常に熱湯を保持する方が生活スタイルとして合理的である。

しかし最近では使い方の保存を行わず電気ケトルにより使いたい分だけのお湯を沸かすというスタイルも広く普及するようになる。

一人暮らしでの電気ケトルの優位性

一人暮らしの世帯では不在のタイミングが長くなるため、大量のお湯を保温する必要がありません。少量のお湯をすぐに作れるという手軽さから電気ケトルが選ばれる傾向にあります。コーヒーやお茶一杯のために必要な0.15ℓ程度であれば約1分あれば沸かすことができます。

電気ケトルの安全性

電気ポットにはJIS規格に転倒した時の流水量を50ml以下にするなど高い安全性が求められています。電気ポンプなどを用いて据え置きしたままお湯を出せるのも高い安全性のひとつです。

電気ケトルは電気ポットと違いヤカンと同様に「傾けてお湯を出す」という使い方でありケトルを転倒させた場合は内部容器のお湯が外に放出されます。

国内メーカーが販売する電気ケトルは、これらの安全性の問題点を解決するべくケトルの転倒時の流水防止機能や二重構造による断熱によって本体を熱くしないなど安全性を高めた電気ケトルを製造していることもあるが、全ての電気ケトルにまで普及しているわけではありません。

またお湯をこぼれにくくする基準が明確ではなく、その性能はメーカー自主性に委ねられています。海外製の電気ケトルは安全面に不安が残る製品も多く小さな子供や高齢者がいる家庭では慎重な選定が必要である。

国内のメーカーでは独自に電気ポットと同様のレベルの安全装置を組み込んでいる製品もあります。電気ケトルが万が一転倒しても溢れる湯量を制限して安全性を高めています。

しかし安全装置の多重化は電気ケトルのメリットである「手軽さ」を阻害することになりかねない。ガスコンロで沸かすヤカンには安全装置はなく倒せば火傷に繋がります。電気ケトルも同様に容器に熱湯が入っていることを理解し低いテーブルや床や子供の手の届くところに置くことは避けるべきです。

電気ケトルの発熱と保温の仕組み

電気ケトルのは、電気を熱源にしてお湯を沸かす「ヤカン」というのは上記で説明しました!

ケトル下部にある電源プレートに本体をセットし電熱ヒーターに通電させることで加熱しプレートに熱を伝達させてお湯を沸かすという仕組みで加熱します。

水が沸騰すれば電気ケトルへの通電は不要になりますが、電気カットは自動で行われます。沸騰を検出して電気ケトルへの通電を自動停止させる方法として沸いたお湯から出る蒸気を使用して温度を検知し一定の温度に至った時点で電熱ヒーターへの通電を停止が行われます。

ヤカンのように湯が沸いたら慌ててガスコンロの火を止めに行くといった煩わしさから解放され非常に手軽かつ安全にお湯を沸かせます。

電気ケトルの保温機能

通常、電気ケトルには保温機能がありません。一般的な電気ポットであれば沸騰により一定温度まで上がれば保温モードになり「長時間に渡って高い水温を保つ」という動作に切り替わります。いつでも同じ温度のお湯を得ることが可能です。

電気ポットの保温性能は大変よく容器の断熱性能を高めることで熱の出入りを最小限にし温度保持のために必要な消費電力を低く抑えています。

電気ケトルは使う分だけのお湯を使い切るのが通常の使い方であり、保温機能を持たせる必要はありません。

電気ポットのように大量のお湯を作り長時間に渡って使用することは想定されていないため本体断熱性能が低く、通電を中止した瞬間からお湯は冷めていきます。

電気ケトルの材質と種類

電気ケトルの材質は、「プラスチック」「ガラス」「ステンレス」に大きく分類されています。それぞれの材質によって特徴があり本体価格だけでなく性能やお手入れのしやすさに違いがあります。

プラスチック製の電気ケトル

プラスチック製の電気ケトルはもっとも多く普及している内部容器の素材であり安値で購入しやすい特徴があり、本体が軽いため扱いやすいという利点があります。

落としたり倒した場合、プラスチック部分に傷がつくことがあるがガラス製の電気ケトルのように割れて使用不能になる程の損傷はほとんどありません。

欠点としては、付着した汚れを落としにくいことや、目立つ傷がつきやすい事などが挙げられます。プラスチックの雑味が水に移ってしまい「お湯がおいしくない」と感じることもあります。プラスチック特有の味が気になる場合は内部容器がステンレス製ガラス製の電気ケトルを選択するのがおすすめです。

ガラス製の電気ケトル

ガラス製は極めて安定した物質であり沸騰や保温で水の成分を変化させないためどんな飲み物に対しても一定の水質でお湯を供給できます。

ガラスは表面がなめらかなため汚れを落としやすく、本体の清潔さを保てることも利点である。電気ケトルに入れた水に対しプラスチックや金属の臭いや味を移す心配がなく安心してお湯を扱えます。

ガラスは透明なので電気ケトル内部にどれだけお湯が入っているかお湯が沸いてるかを目視できるのも利点である。残り湯の有無を確認したり汚れている部分がすぐに判別できるので高い洗浄度を保てます。

ガラス製の電気ケトルとしての欠点としてプラスチック製の電気ケトルよりも重いことや衝撃に弱いことが挙げられます。本体を倒したり落下させたりするとガラス部分が割れてしまい使用不可になります。

注意点として本体がガラス製であっても注ぎ口やフィルター部分が樹脂になっている場合があります。汚れやすく洗浄しにくい部分であり気になる方は「オールガラス」の電気ケトルを選択するといいでしょう。

ステンレス製の電気ケトル

ステンレス製の電気ケトルは強度の高さが利点です。

プラスチックよりも強靭のため傷がつきにくく、倒したり、落としたりしても破損することがほとんどありません。

プラスチック製よりも汚れにくくガラス製よりも強度が高いという特徴により安心して使用できます。

推奨されることではないが熱した電気ケトル容器に氷など入れ急激に温度変化したとしてもステンレス製であれば割れることなく安全である。スチール製の電気ケトルは重くなるが軽量化を図った商品も多く販売されるようになりました。

ステンレス製の電気ケトルの欠点として金属製の容器に水を入れて沸かすので人によっては水に金属臭を感じる方や水の臭いが気になる方もおられます。

電気ケトルの主要メーカー

電気ケトルで大きなシェアを誇るのは、国内で電気ポットの電熱製品を生産販売している「象印マホービン」「タイガー魔法瓶」が国産メーカーとして人気です。日本製の電気ケトルは安全性が高いのが人気の要因です。

海外からの輸入品ではフランスのキッチンメーカーである「ティファール」がもっとも広いシェアを誇る人気メーカーです。

他にもラッセルホブスやモーフィリチャーズなどデザインを重視した海外メーカー人気があります。

この3社で電気ケトルのおおよそ70%のシェアを専有しています。

大手総合電気・家電メーカーでは、Panasonicや東芝も電気ケトルの生産販売を行っておりますが各社で5%程度のシェアに留まっています。

電気ケトルには多種多様な形状やバリエーションカラーの製品が販売されています。単なる「ヤカン」は誰でも想像がつく昔ながらのデザインであるが電気ケトルの場合は多くのメーカーがデザイン製の高い商品を生産しています。

処分方法

電気ケトルは毎日使うものなので壊れて買い換えることもあるでしょう。

そんな時にそのように処分すればいいか知っていますか?

何ゴミか悩みますよね?!

実は、電気ケトルはお住まいの自治体によって異なります!

必ず確認し処分してください^^

 

小型家電リサイクル法の対象

小型家電リサイクル法とは、「パソコンやデジカメなど小さめの家電をリサイクルして資源を有効に活用しつつ不適切な家電の処分で環境破壊を防止するための法律です。以前はエアコンや冷蔵庫といった大型家電で勧められてきましたが近年では小型の家電も対象になっています。

対象となっている家電は、市区町村が回収して認定事業者がリサイクルすることになっています。なので電気ケトルを小型家電リサイクル法の対象にしている自治体もあるのでその場合は普通ゴミや不燃ごみでは捨てられません!

自治体によっては市役所や協力店舗に回収BOXを設置していたり、各施設の窓口で収集したりなどあり、回収方法が特殊な場合があるので注意してください!

・自分で処分する場合

大阪市ではどうなのかというと基本的には普通ゴミとして処分可能です。

中身が見えるゴミ袋に入れ指定された日にごみ収集場所に出しておきましょう。

普通ゴミの収集日は町ごとに違いますからご自身が住んでいる地域のごみ収集日をあらかじめ把握しておきましょう。

大阪市が開発したゴミ分別アプリを利用すればゴミの分別方法や町ごとのごみ収集日に簡単に確認することができます。

注意点としては最大の辺または径が30センチ以内または棒状で1メートルを超えない物とあります。

逆を言えばこれ以上大きいものは粗大ゴミとなりますので粗大ゴミ収集センターに申し込みをしコンビニなどで販売している粗大ゴミ処理手数料券を購入し処分する物に貼り、指定された収集日・場所に運び回収してもらいます。

・リサイクルショップ

電気ケトルは中古でも需要が高いので製造年月から5年以内かつ正常に使える状態なら買い取ってもらえる可能性もあります。また運ぶのも簡単なので処分する前に一度リサイクルショップい持っていくのもおすすめです。少しでもお小遣いが増えるといいですね。

・不用品回収業者

電気ケトル一点でもご連絡頂ければお伺いし処分させて頂きます^^また他にも一緒に何か処分に困るものがあればそちらも対応させて頂きます!ただどこの業者もお金がかかります。ですが、券を買ったり、収集場所まで運ぶ手間など何も要りません!ご在宅頂ければゆっくりされている間に回収します^^

 

 

まとめ

今回は電気ケトルの処分方法や小型家電リサイクル法についてご紹介させて頂きました。

お住まいの市区町村によって異なるので必ず確認し処分してください^^

リサイクルショップや回収業者を利用する場合は、ご自身が納得される方にされて下さい。

不用品回収ゼロでは、一点からの回収・即日対応も可能ですのでこれ処分しようかなとお悩みでしたら一度ご相談でも構いませんのでお電話・メールなどでご連絡下さい。大阪市含め大阪府全域に無料のお見積もりにお伺い致します☆

このお役立ちコラムをシェアする

このコラムを読んで魅力を感じて頂けましたら、
是非このコラムを多くの方にシェアしてください。

コラム一覧へ

WEB限定の30%割引キャンペーン実施中!

新規でお問い合わせいただいたお客様限定

新規でお問い合わせのお客様限定

20%割引キャンペーンを実施しております!

ホームページを見たとお伝え下さい
相談
無料
電話番号0120-629-956受付時間:8:30~21:00《年中無休》
相談
無料
電話番号0120-629-956受付時間:8:30~18:00《年中無休》(作業は夜間作業も対応しております。)