tel:0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロにお任せ!

大阪不用品回収ゼロで利用可能なクレジットカード画像
大阪不用品回収ゼロのイメージキャラクター

受付時間:08:30 ~ 21:00 【年中無休】

0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロ > コラム > 燃えるゴミ、燃えないゴミの判別

燃えるゴミ、燃えないゴミの判別

2018.11.6

こんばんは、大阪市不用品回収のイチエイです!

今回は燃えるゴミとそうでないゴミの判別について少々。
まず燃えるゴミとしてわかりやすいものとしては壁紙などの紙類、布類が燃えるゴミとなります。

そして一番悩ましいのが木材のゴミです。その状態によって異なってきますが、切断や研磨のときに生じる木くずは燃えるゴミとして処分可能です。しかし木片の場合は地方自治体によって大きく異なります。

ゴミ袋に収まる場合は燃えるゴミとして処分可能となるところや、紐で束ねて木片類として処分するところ、大きさや重量にかかわらず資源ごみとして処分するところなどと異なってきます。木片の処分はあらかじめ地方自治体のHPで確認しましょう。

紙類や布類、木くずは燃えるごみになります。あと木片に関しては地方自治体によって燃えるゴミになったり、ならなかったりします。
調べておくと良いでしょう。余ったペンキは新聞紙などに染み込ませて乾燥させれば燃えるゴミになります。

木材は小さいのは燃えるゴミに、大きいのは燃えるゴミにならないで粗大ゴミになります。

次に燃えないゴミですが、釘やネジなどの金属のゴミが燃えないごみとなります。またガラスも燃えないゴミとして扱われます。これらは自治体によって大きさの規定があり、その規定を上回ると産業廃棄物として扱われます。

次にペンキが入っていた缶や空になったスプレー缶も燃えないゴミとして処分します。

分かりにくいのが工具です。地方自治体によって扱いは異なりますがドライバやスパナなど小型の工具は燃えないゴミとして扱われる自治体が多いです。電動工具は大きさによるが燃えないゴミか、粗大ゴミとして処理可能です。なお使えなくなった工具の刃は燃えないゴミと処分可能ですが、怪我防止のために刃の部分を紙やガムテープなどで保護して処分しましょう☆
大阪粗大ゴミ、不用品回収の株式会社イチエイでは一点から作業可能です!もちろん見積もりも無料でさせていただきます!
粗大ゴミ、不用品回収、一軒まるごと作業、家財整理、ゴミ屋敷、遺品整理、生前整理、家具移動
どのプランでも他社よりも最安値での対応が可能です!
また対応エリアも関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)と対応致しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください(^^)☆

このお役立ちコラムをシェアする

このコラムを読んで魅力を感じて頂けましたら、
是非このコラムを多くの方にシェアしてください。

コラム一覧へ

他より1円でも高い場合はお気軽にご相談下さい!