tel:0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロにお任せ!

下記のクレジットカード決済が可能です。

イチエイクリーンサービスで利用可能なクレジットカード画像

受付時間:8:30 ~ 21:00(年中無休)

0120-629-956

大阪市周辺の不用品回収は大阪不用品回収ゼロ > コラム > ハンガーラックの処分方法

ハンガーラックの処分方法

2019.2.23

こんにちは^^

今回はハンガーラックの処分方法についてご紹介致します。

簡単に処分出来そうですが以外にも処分が出来ない場合もございます。

そのような場合の対応方法などもご紹介させて頂ければと思います。

 

ハンガーラックの処分は粗大ごみ?

一般的にハンガーラックは自治体に粗大ごみとして出します。

家具によっては分解して1辺30㎝以下(自治体によります)になれば家庭ごみとして出せますがハンガーラックは分解しても1辺30㎝以上を超える部品もありますので粗大ごみ以外で出すことは難しいです。

処分手順

パイプの分解が可能なハンガーラックは簡単に分解できるのであれば分解しておきましょう。分解しないと集合住宅の上階に住む方は収集場所まで運ぶのが大変です。分解し終わったら、自治体の手順に従って申込しましょう。

1.自治体のホームページから「粗大ごみ受付センター」にアクセス

電話やネットで申し込み

2、処分費用分のゴミ処理券を購入

コンビニ、スーパー、郵便局で購入可能です。

3、購入した処理券に必要事項を書き、ハンガーラックに貼り付け指定された収集日に収集場所に出して完了

 

ハンガーラックを分解して処分するには一番は処分費用がかからない事です。

比較的数が少ない場合や分解・分別することで苦ではない場合この方法がもっとも費用をかけずに処分することが出来ます。

しかし複数ある場合や処分作業に時間がかかる上に分解したパーツで怪我する場合もあるでしょう。

自治体や住んでいる地域によってはゴミを出す曜日が決まっているところも多く、ゴミの日まで保管しなければならないのも不便です。

出来るだけ早く手放したいという場合や数が多くて分解が大変なものには適していない方法だと考えられます。

 

不用品回収業者に依頼

小さなハンガーラックなら分解し処分することが可能ですが解体できない大きさでゴミとして処分出来ない、重くて搬出できず粗大ごみとして出すのが難しい。

こういった状況の時は、不用品回収業者に依頼するのをおすすめします!

不用品回収業者なら運び出しや解体も行ってくれるので手間がかかりません。

またハンガーラックと一緒に不要な物も処分出来ます。

自治体の粗大ごみでは一度に出せる点数に限りがあったり、家電などは回収してもらえませんが不用品回収業者に依頼すれば制限もありません。

費用がかかりますが手間暇を考えればお手軽に処分したい物が処分出来ます。

 

まとめ

ハンガーラックの処分方法をご紹介させて頂きました。

小さなものなら粗大ごみにて処分して大きい物や解体が難しい物は当社、大阪不用品回収ゼロにご依頼下さい。

1点からの回収からお部屋丸ごと作業まで対応しておりますのでお気軽に

お電話、メールにてお問い合わせください。

お待ちしております^^

このお役立ちコラムをシェアする

このコラムを読んで魅力を感じて頂けましたら、
是非このコラムを多くの方にシェアしてください。

コラム一覧へ

WEB限定の30%割引キャンペーン実施中!

新規でお問い合わせいただいたお客様限定

新規でお問い合わせのお客様限定

20%割引キャンペーンを実施しております!

ホームページを見たとお伝え下さい
相談
無料
電話番号0120-629-956受付時間:8:30~21:00《年中無休》
相談
無料
電話番号0120-629-956受付時間:8:30~18:00《年中無休》(作業は夜間作業も対応しております。)