メール
電話

事務机

事務机の回収

不用品回収ゼロが即日対応いたします。

お客様A

オフィスにある事務机をどのように処分すれば良いのかわからない。

お客様B

事務机に付帯しているキャビネットも併せて回収可能?

不用品回収ゼロ

オフィスから出る回収の場合と、一般家庭から出るゴミの回収とで処分する法律や、
処分方法は異なります。それらの処分に関する方法を解説できればと思います。

事務机の種類とその特徴

事務机はオフィスで使用される基本的な家具の一つですが、種類によってサイズ、形状、材質、用途が異なります。主要な種類を理解することで、適切な処分方法を選択する手助けになります。

スタンダードデスク

最も一般的な事務机で、シンプルな長方形をしています。主に木製や金属製で、耐久性が高く長く使用できるため、オフィスでは広く利用されています。

L字型デスク

コーナーを有効に活用できる形状が特徴で、作業スペースを広く取れるため、多くの文書やパソコン作業に適しています。配置によっては空間の効率化も図れます。

キュービクルデスク

プライバシーが保護されるよう仕切りがついたデスクで、集中して作業を行いたい職場環境に適しています。モジュール式で、拡張や移動が容易なのが特徴です。

システムデスク

機能性を重視したデスクで、多数の引き出しやシェルフが一体化しているものが多いです。オフィスの効率を考慮して設計されており、小物の収納や配線の整理に優れています。

事務机の処分方法

事務机を処分する際は、その材質や状態、地域の廃棄物処理規定を考慮する必要があります。以下は一般的な処分方法です。

再利用

まだ使用可能な状態の事務机は、リサイクルショップへ売却したり、寄付を行うことで再利用できます。地域の非営利団体や学校などへの寄付は、社会貢献にも繋がります。

買取サービス

専門のオフィス家具買取業者を利用することで、手間をかけずに処分することが可能です。特に良品であれば、買取価格も期待できます。

リサイクル

金属や木材などの素材を分別し、リサイクル業者に依頼することも一つの方法です。環境に配慮した処分を心掛けましょう。

大型ごみ

再利用やリサイクルが難しい場合は、地域の大型ごみ処理サービスを利用して処分することになります。手続きや料金は自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。

行政の自治体で処分を依頼する

行政による事務机の処分方法について詳細に解説します。行政を通じた処分には特有のメリットとデメリットがあります。また、一般家庭と会社から出る事務机の処分方法の違いにも注意が必要です。

行政による事務机の処分方法

メリット

  1. 安全性:行政が定める処分方法は、環境規則に従っているため、適切に処理されます。これにより、不法投棄などのリスクが減少します。
  2. 環境配慮:多くの自治体では、リサイクル可能な材料を分別して処理することを推奨しており、環境への影響を最小限に抑えます。

デメリット

  1. コストと手間大型ごみとしての処分には手続きが必要で、場合によっては処分費用が発生することがあります。
  2. 時間の制約:自治体による収集日が限られており、処分を計画的に行う必要があります。

一般家庭と会社からの事務机処分の違い

一般家庭からの処分

  • 手続きのシンプルさ:家庭から出る事務机は通常、個人が自治体に連絡を取り、指定された日に出すだけで処分が可能です。
  • 量の少なさ:一般家庭から出る事務机は数が少ないため、比較的処理が容易です。

会社からの処分

  • 量の多さ:オフィスからは大量の事務机が一度に処分されることが多いため、事前に大量処分の手続きが必要です。
  • 専門業者の利用:量が多い場合や処分を迅速に行う必要がある場合は、専門のオフィス家具処分業者、を利用することが一般的です。これにより、効率的かつ迅速に処分が行えますが、費用が発生する場合があります。
  • そもそも会社からでる事務机は行政では引き取ってくれません。行政の粗大ゴミサービスはあくまで一般家庭に向けられたサービスとなっており、事務所やオフィスから出る事務机は産業廃棄物の区分になります。

注意点

  • 自治体の規定の遵守処分方法は自治体によって異なるため、事前に詳細な規定を確認する必要があります。
  • リサイクルの検討事務机がまだ使用可能な場合は、リサイクルショップへの売却や寄付を検討することで、廃棄を避けることが可能です。

以上のポイントを押さえることで、事務机の適切な処分が行えます。また、行政を利用する際は、デメリットを理解し、計画的に対応することが重要です。

以下が大阪府(大阪市)、兵庫県(神戸市)、京都府(京都市)、奈良県(奈良市)の各自治体の大型ゴミ、粗大ゴミの処分についてです。

【大阪市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【神戸市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【京都市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【奈良市】大型ゴミの捨て方はこちら!

燃えるゴミで処分可能?!

事務机を燃えるごみとして処分する場合、その方法は一般的には推奨されません。事務机はそのサイズと材質によって、燃えるごみとして処理するのが不適切、または不可能な場合が多いです。しかし、小さな木製の事務机や簡易的な材質のもので、自治体の規定に沿っている場合に限り、燃えるごみとして処分する手順を説明します。以下に準備物、解体手順、注意点を示します。

準備物

  • 保護手袋とゴーグル:安全を確保するため
  • 適切な工具:ハンマー、ドライバー、プライヤーなど
  • 大型のごみ袋や布:破片やほこりを集めるため

解体手順

  1. 場所の確保:広いスペースで作業を行うことで、解体作業がしやすくなります。
  2. 事務机の空にする:引き出しや棚など、事務机内の物をすべて取り出します。
  3. 部品の分解:ネジやボルトを使って組み立てられている部分を工具を使って解体します。ドライバーやレンチが必要です。
  4. 大きな部品を小さくする:解体した大きな部品はさらに小さく分解していきます。ハンマーやプライヤーを用いて、木製の部分を割ったり、金属の部品を曲げたりします。

注意点

  1. 自治体の規則を確認:燃えるごみとして出す前に、事務机の材質が燃えるごみとして許可されているか、自治体の規則を確認してください。
  2. 環境への影響を考慮:木製や金属製の事務机は、燃やすと有害な化学物質を発生させる可能性があります。
  3. 再利用やリサイクルを検討:処分する前に、可能であれば家具の寄付やリサイクルを検討しましょう。これにより、環境への負担を減らすことができます。

まとめ

事務机を燃えるごみとして処分するのは一般的には推奨されず、その材質や大きさによっては不適切あるいは不可能です。解体する際は適切な工具と保護具を使用し、地域の規則に従って処理を行ってください。また、環境保護の観点からも、リサイクルや再利用の方法を優先して検討することをお勧めします。

弊社SNS(ティックトック)アカウントです↓

女性でもできる!家具の解体方法!!

リサイクルショップで売却!

事務机をリサイクルショップで処分する際のプロセス、買取相場、買取されない場合の処分費用、そしてその方法のメリットとデメリットについて説明します。

事務机をリサイクルショップで処分する方法

  1. 事務机の状態を確認:まず、事務机の状態をチェックします。傷、汚れ、欠けが少ない、比較的新しいものほど買取価格が高くなります。
  2. リサイクルショップの選定:地域のリサイクルショップやオンラインの買取サービスを調べ、事務机の買取を行っているか確認します。
  3. 見積もりを取る:実際にショップに連絡し、事務机の写真や詳細を提供して見積もりを取ります。
  4. 引き取りまたは持ち込み:条件に合意した後、ショップが引き取りに来るサービスを利用するか、自分でショップに持ち込みます。

買取相場

  • 事務机の買取価格はその状態、ブランド、サイズ、需要によって大きく異なります。一般的には数千円から数万円程度が相場ですが、特に高品質またはデザイナーズブランドのものはそれ以上の価格がつくこともあります。

買取できなかった場合の処分(廃棄)費用

  • リサイクルショップで買取が行えなかった場合、ショップによっては処分サービスを提供しており、その費用は大きさや材質によって異なりますが、一般的には数千円から1万円程度が一般的です。

メリット

  1. 手間が省ける:自分で大型ごみとして処理する手間が省けます。
  2. 即金性:買取が成立すると、即座に現金化できます。
  3. 環境に優しい:リサイクルすることで、資源の無駄遣いが少なくなります。

デメリット

  1. 買取価格の不確実性事務机の状態によっては、期待したほどの価格がつかないこともあります。
  2. 持ち込みの手間:自分でショップまで運ぶ必要がある場合、その手間と運搬コストが発生します。

リサイクルショップでの事務机処分は、比較的簡単に処分が可能で、同時に環境保護にも貢献できる方法です。しかし、事務机の状態や市場価値によっては、買取できないリスクもあるため、事前に複数のショップに見積もりを取ることが重要です。

不用品回収業者に依頼

事務机を不用品回収業者に処分してもらう方法は、特定の状況下で行政やリサイクルショップを利用する方法よりもメリットが大きい選択肢となりえます。以下では、不用品回収業者を利用するメリットと注意点を詳しく解説します。

不用品回収業者による事務机の処分方法

  1. 業者の選定:信頼できる不用品回収業者を選びます。インターネットでの評判や口コミ、実績を調査します。
  2. 実際に利用した声を聞くにはGoogleマイビジネス(Googleでお店の名前を調べて口コミの確認)で調べるのがお勧めです。
  3. 見積もりを取得事務机の写真やサイズを業者に送り、事前に見積もりを依頼します。可能なら複数の業者から見積もりを取ることが望ましいです。
  4. 回収日の設定:見積もりに合意した後、事務机を回収してもらう日時を決定します。
  5. 事務机の準備:回収当日までに事務机を移動可能な状態にしておきます。必要に応じて、引き出しを空にするなどの準備を行います。

    不用品回収業者の具体的なメリット

    1. スピーディなサービス
      • 即日対応可能:多くの不用品回収業者は、依頼後すぐに対応することが可能です。これにより、急なオフィスの移転やリノベーションの際にも迅速に対応できます。
      • 時間の節約:自分で解体や運び出しを行う必要がなく、業者が全て処理してくれるため、他の作業に集中できます。
    2. 運搬・処理の手間削減
      • 大型家具の運搬経験:重たい事務机や大きなオフィス家具も、専門の機材と経験を持つスタッフが安全に運び出します。
      • 一括処理事務机だけでなく、その他の不用品も一緒に処理してもらうことができます。これにより、複数の処分方法を考える手間が省けます。
    3. 環境責任の委託
      • 適正な処分:正規の許可を持つ業者は、法律に基づいた適切な廃棄物処理を行います。これにより、不法投棄などのリスクを避け、環境保護に貢献できます。
      • リサイクルの可能性事務机が再利用可能な場合、リサイクル業者への引き渡しを行うことで、リソースの再活用が促進されます。
    4. スペースの最適化
      • 即座にスペースを確保事務机をすぐに処分できるため、新しい家具の配置やオフィスのリデザインをすぐに行えます。これにより、効率的な作業環境を実現できます。

    これらのメリットは、不用品回収業者を選ぶ際の大きな動機となりますが、選択する業者によって提供されるサービスの質や費用が異なるため、適切な業者選びが重要です。信頼できる業者を選ぶことで、上記のメリットを最大限に享受できるでしょう。

それぞれの処分にかかる費用と特徴の比較

事務机を処分する際に選択できる主な方法として、行政による処分、リサイクルショップ、不用品回収業者の利用があります。それぞれの特徴と処分費用について比較します。

1. 行政による処分

特徴

  • 地域の大型ごみ収集サービスを利用します。
  • 処分前に自治体へ連絡し、指定の日に出す必要があります。
  • 規定に基づいて適切に処理されるため、環境に配慮した処分が可能です。

費用

  • 大型ごみの処理手数料は地域によって異なりますが、一般的には数百円から数千円程度です。処分する物の大きさや数によって料金が決定されます。

2. リサイクルショップ

特徴

  • 使用可能な事務机を買取して再販するため、処分ではなく販売が主目的です。
  • 状態が良好であれば、買取価格がつきますが、買取できない場合は処分費用が発生することもあります。

費用

  • 買取価格は事務机の状態、ブランド、需要によって異なりますが、良好な状態のものは数千円から数万円で買取されることがあります。買取不可能な場合、処分費用として数千円から1万円程度を支払うことが一般的です。

3. 不用品回収業者

特徴

  • 家庭やオフィスから不要な家具や不用品を一括で回収し、処分します。
  • スピーディーで手間がかからず、多量の処分も一度に行えることが大きな利点です。
  • 処分方法には、廃棄、リサイクル、再販が含まれることがあります。

費用

  • 処分する品目の量や種類によって大きく異なりますが、事務机一点の処分であれば数千円から1万円程度が目安です。量が多い場合や特殊な処分が必要な場合は、追加料金が発生することもあります。

費用比較と総括

  • 行政の処分: 最もコストが低いが、処分までの手間や時間がかかる。
  • リサイクルショップ: 状態が良ければ費用が発生せず、逆に収益を得ることも可能。ただし、買取不可の場合は処分費用が必要。
  • 不用品回収業者: 最も手軽でスピーディーだが、処分費用が一般的に最も高い。

選択する際は、処分する事務机の状態、数量、および利用可能なサービスのタイプを考慮することが重要です。また、地域によるサービスの可用性と法規制もチェックする必要があります。

事務机の処分費用比較

品名 費用
市の行政 700円〜3000円
リサイクルショップ(買取) +0円〜
リサイクルショップ(処分) 5000円〜10000
不用品回収業者 5000円〜10000
ペンギン

不用品回収がおすすめ!
不用品回収ゼロの強み

事務机の処分をお考えの皆さん、最後はぜひ弊社不用品回収ゼロにお任せください!他の処分方法と比較して、弊社のサービスがなぜ最適かをご説明いたします!

弊社「不用品回収ゼロ」の独自の特徴

  • 高評価の信頼性:Googleでの口コミ数は300件を超え、平均星評価は4.9と極めて高評価。多くのお客様からの信頼と実績が証明されています。
  • 持続可能な処分方法:リユース、リサイクル、さらにはユーザーへの販売を通じて、持続可能な社会の実現に貢献。不用品をただ処分するのではなく、新たな価値を生み出す取り組みを行っています。
  • メディア掲載実績多数:その優れたサービスが多数のメディアに取り上げられており、業界内外から高い評価を受けています。

行政やリサイクルショップとの比較

  • 手間と時間の削減:行政の大型ごみ処分サービスでは、事前の手続きや指定日の制限がありますが、弊社ではお客様のご都合に合わせて柔軟に対応。すぐにでも不用品を安全に回収します。
  • 経済的メリット:リサイクルショップでは買取が行えない場合に処分費用が発生することもありますが、弊社では買取可能な商品には適正価格をお支払い。買取が難しい場合でも、処分方法によってはコストを抑えることが可能です。
  • 環境への配慮:単に廃棄するのではなく、可能な限りリサイクルやリユースを行い、廃棄物の最小化を図ります。これにより、他の方法よりも環境保護に積極的に貢献しています。

最適な事務机の処分方法をお探しの方、手間をかけずに環境に優しく、かつ経済的なサービスをご希望なら、「不用品回収ゼロ」が最良の選択です。信頼と実績、そして持続可能な社会への貢献で、お客様の不用品処分を全力でサポートいたします。

お問い合わせはこちらから。事務机の処分だけでなく、その他の不用品についてもお気軽にご相談ください。

事務机の処分でよくある質問

事務机がスチール製の場合は解体できますか?
基本的に解体してゴミに出せるのは木製の家具に限ります。専門的な工具、道具があれば解体できないこともないですが、あまりにも非効率なのでおすすめは致しません。
事務机についているキャビネットも同時に処分できますか?
問題なくどこの業者でも回収できます。数が少なければ引き取り費用がかかりますが、多く出せば多く出すほど費用単価が安くなります。
おすすめ記事

その他の不用品回収例

不用品回収の流れ

  • 電話を受ける女性

    STEP01

    無料お見積り・買取査定

  • 荷物を運ぶ

    STEP02

    搬出作業

  • 掃除するスタッフ

    STEP03

    簡易清掃・ご確認

  • 請求書と印鑑

    STEP04

    お支払い

不用品回収は全てコミコミで安心の料金設定
料金例のご紹介

電話・出張お見積もり、出張査定すべて無料!!最短即日&格安で処分・お引き取り!

0120-629-956

受付時間: 08:30~21:00《年中無休》

他より1円でも高い場合はお気軽にご相談下さい!

閉じるボタン

どんな状態でも片付けます!!

TEL0120-629-956