メール
電話

書庫

書庫の回収

不用品回収ゼロが即日対応いたします。

お客様A

オフィスを引越ししたい際に不要になった書庫一個だけを産廃業者に依頼するとどうしても高い。まだ使えるのにどうすれば安くで処分できるのかがわからない。

お客様B

オフィス家具を一新して買い替えたいけど、別ブランドの書庫などを購入したのでどこに処分頼めばいいかわからない。

不用品回収ゼロ

基本的に事業所から出る不用品は書庫に限らず必ずマニフェストが必要になります。諸々契約書や保管義務などの法律が難しい方向けに、廃棄処分方法、廃棄以外の処分方法をご紹介します!

書庫の種類とその処分方法:オフィスや企業向けガイド

オフィスや企業では、書類やファイルを整理・保管するために様々な書庫が使用されています。ここでは、主な書庫の種類とその特徴を紹介し、適切な処分方法について説明します。

1. メタルキャビネット

  • 特徴: 耐久性があり、重要書類や機密書類の保管に適しています。ロック機能付きのものが多く、セキュリティ面でも安心です。
  • 処分方法: メタルキャビネットはリサイクル可能な金属で作られているため、専門のリサイクル業者に依頼するか、不用品回収サービスを利用して適切に処分します。

2. 木製書庫

  • 特徴: 温かみのあるデザインでオフィスのインテリアに合わせやすいです。サイズやデザインも多岐にわたり、カスタマイズ可能なものが多いです。
  • 処分方法: 木製書庫は解体して分別し、燃えるゴミとして出すか、不用品回収業者に依頼してリサイクル資源として処分します。

3. プラスチック製書庫

  • 特徴: 軽量で移動が簡単、耐久性もあるためコストパフォーマンスに優れています。湿気に強いのも特徴です。
  • 処分方法: プラスチック製書庫はプラスチックリサイクル施設に持ち込むか、不用品回収サービスを利用して適切に処分します。

4. モジュラー書庫

  • 特徴: 自由に組み合わせて使用できるため、スペースに応じた配置が可能です。増設も簡単で、オフィスの成長に合わせて柔軟に対応できます。
  • 処分方法: モジュラー書庫はパーツごとに分解し、素材に応じた処分方法を選びます。不用品回収サービスに依頼することで、効率的に処分が可能です。

5. アーカイブキャビネット

  • 特徴: 大量の書類やファイルを長期間保管するための大型キャビネット。耐火性や防湿性が高いものが多く、重要書類の保存に適しています。
  • 処分方法: アーカイブキャビネットは大型ゴミとして処分するか、専門の不用品回収業者に依頼して適切にリサイクル処分します。

書庫の処分におけるポイント

オフィスや企業で使用される書庫を処分する際には、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 情報漏洩の防止: 機密書類が残っていないか確認し、適切にシュレッダーするなどして情報漏洩を防ぎます。
  2. リサイクルの徹底: 素材に応じたリサイクルを行い、環境負荷を軽減します。
  3. 専門業者の活用: 不用品回収ゼロのような専門業者を利用することで、効率的かつ安全に書庫を処分できます。

不用品回収ゼロでは、オフィスや企業向けに書庫の処分サービスを提供しています。Google口コミ評価4.9の高評価と、年間3000件の実績を持つ信頼できるサービスで、適切なリサイクル処理を徹底しております。是非、ご相談ください。

そもそもオフィスの不用品は行政サービスを利用できない。

オフィスの書庫処分に関する重要な注意点

1. 行政の粗大ゴミ処分サービスは利用できません

オフィスや事業所の書庫などの不用品は、一般家庭の粗大ゴミ処分サービスを利用することができません。行政の粗大ゴミ処分サービスは家庭用に限定されており、事業所の不用品処分は対象外です。そのため、事業所の書庫を処分する際は、産業廃棄物収集運搬業者や専門の不用品回収業者利用する必要があります。

2. 処分証明書(マニフェスト)の発行義務

オフィスや事業所で発生する不用品を処分する場合、適切な処分が行われたことを証明するために、処分証明書(マニフェスト)の発行が義務付けられています。マニフェストは、廃棄物の種類や量、処分方法、処分先などの情報を記載し、不法投棄や不適切な処分を防止するための重要な書類です。

マニフェストの発行手続き

  1. 業者との契約:
    • 産業廃棄物収集運搬業者不用品回収業者と契約を締結します。
    • 契約時にマニフェストの発行についても確認し、必要な手続きを依頼します。
  2. 処分内容の記載:
    • 書庫の種類、数量、処分方法などの情報をマニフェストに記載します。
    • 業者が適切に記載することを確認し、内容をチェックします。
  3. 発行と保管:
    • 業者から発行されたマニフェストを受け取り、適切に保管します。
    • 法律に基づき、一定期間(通常5年間)保管する義務があります。

産業廃棄物収集運搬業者の利用メリット

  • 法令遵守: 専門業者に依頼することで、法令に基づいた適切な処分が確実に行われます。
  • 安心と信頼: マニフェストの発行により、適切な処分が証明され、安心して利用できます。
  • 効率的な処分: 大型の書庫や大量の不用品も効率的に処分することが可能です。

不用品回収ゼロでは、オフィスや事業所の不用品処分に関するすべての手続きをサポートしております。処分証明書(マニフェスト)の発行も含め、法令遵守を徹底し、安心・安全なサービスを提供しています。是非、お問い合わせください。

産業廃棄物収集運搬業者に依頼する。

オフィスの書庫を産業廃棄物収集運搬業者に依頼する方法

オフィスで不要になった書庫を適切に処分するために、産業廃棄物収集運搬業者に依頼する方法について詳しく説明します。また、依頼する上でのメリット、デメリット、注意点についても解説します。

依頼方法

  1. 業者の選定:
    • インターネットや口コミで信頼できる産業廃棄物収集運搬業者をリサーチします。
    • Google口コミ評価や実績を確認し、信頼性の高い業者を選びます。
  2. 見積もりの取得:
    • 業者に連絡し、処分したい書庫の種類、サイズ、数量を伝えて見積もりを依頼します。
    • 必要に応じて業者に現地調査を依頼し、正確な見積もりを受け取ります。
  3. 契約の締結:
    • 見積もりに納得したら、業者と契約を締結します。
    • 契約内容には、処分費用、運搬費用、処分方法などが明示されていることを確認します。
  4. 書庫の回収・運搬:
    • 業者と日程を調整し、書庫の回収・運搬を行います。
    • 回収当日は、書庫を回収しやすい場所に移動しておきます。
  5. 処分の確認:
    • 業者から処分完了の報告を受け、適切に処分されたことを確認します。
    • 必要に応じて処分証明書(マニフェスト)を発行してもらい、保管します。

依頼するメリット

  1. 効率的な処分:
    • 専門業者に依頼することで、大型の書庫も効率的に処分できます。
    • 専門知識と経験を持つ業者が適切な処分方法を選択します。
  2. 環境負荷の軽減:
    • 産業廃棄物として適切にリサイクル・処分されるため、環境への負荷が軽減されます。
  3. 安全性の確保:
    • 事業所では個人での取り扱い品ではないので、大型の書庫を自分たちで処分するのはできませんが、業者に依頼することで安全に処分できます。

依頼するデメリット

  1. 費用がかかる:
    • 業者に依頼するための費用が発生します。特に大量の書庫を処分する場合、費用が高くなることがあります。
  2. 手続きが必要:
    • 見積もりや契約、回収日程の調整など、手続きが煩雑になる場合があります。
  3. 業者の選定に時間がかかる:
    • 信頼できる業者を見つけるためには、一定の時間と労力が必要です。

注意点

  1. 業者の信頼性確認:
    • 必ず信頼できる業者を選びます。Google口コミや実績、資格の有無を確認します。
  2. 適切な見積もりを取得:
    • 見積もりを取得する際は、詳細な内容を確認し、不明点があれば質問します。
  3. 契約内容の確認:
    • 契約内容をしっかりと確認し、不明点や曖昧な点がないようにします。
  4. 処分証明書の取得:
    • 書庫が適切に処分されたことを証明する書類を取得し、保管します。

不用品回収ゼロでは、オフィスや企業向けの書庫処分サービスも提供しております。年間3000件の実績と高評価を持つ信頼できるサービスをぜひご利用ください。

リサイクルショップで売却!

書庫をリサイクルショップで処分する方法

1. リサイクルショップの選定

  • インターネットや口コミ、知人の紹介などで信頼できるリサイクルショップを探します。
  • 書庫の取り扱いがあるかどうかを事前に確認します。

2. 査定の依頼

  • リサイクルショップに連絡し、処分したい書庫の種類、サイズ、状態を伝えて査定を依頼します。
  • 多くのリサイクルショップでは写真を送るか、実物を持ち込んで査定してもらいます。

3. 査定結果の確認

  • 査定結果を確認し、納得できる価格であれば売却を決定します。
  • 無料回収や引き取りのみの場合もありますので、条件をよく確認します。

4. 書庫の運搬

  • 自分でリサイクルショップに持ち込むか、ショップが提供する引き取りサービスを利用します。
  • 大型の書庫の場合は引き取りサービスを利用する方が便利です。

5. 売却手続き

  • 売却が決定したら、ショップの指示に従って手続きを進めます。
  • 支払い方法や受け取り方法についても確認します。

メリット

  1. 環境に優しい: リサイクルショップで処分することで、書庫が再利用され、廃棄物の削減に貢献できます。
  2. コスト削減: 書庫が再販可能な場合、買い取り価格が得られるため、処分費用がかかりません。
  3. 便利なサービス: 多くのリサイクルショップでは、引き取りサービスを提供しているため、大型の書庫でも簡単に処分できます。

デメリット

  1. 査定価格の変動: 書庫の状態や需要によっては、期待した価格がつかない場合があります。
  2. 時間と手間: 複数のショップで査定を依頼する場合、時間と手間がかかります。
  3. 引き取り条件の確認: 引き取りサービスが有料の場合もあり、コストが発生することがあります。

注意点

  1. 書庫の状態確認: 書庫の状態をよく確認し、可能な限りきれいにしておくと査定額が上がる可能性があります。
  2. 複数の査定を受ける: 複数のリサイクルショップで査定を受けることで、最良の条件で売却できる可能性が高まります。
  3. 引き取り費用の確認: 引き取りサービスが有料か無料かを事前に確認し、費用が発生する場合は納得した上で依頼します。
  4. 売却条件の確認: 売却後の支払い方法や受け取り方法、キャンセルポリシーなどをしっかり確認しておきます。

不用品回収ゼロでは、オフィスや企業向けの不用品回収サービスも提供しています。処分が難しい書庫や大型家具も、専門のスタッフが迅速に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

不用品回収業者に依頼

オフィス、店舗にある書庫は不用品回収業者に依頼するのがおすすめ!

なぜ不用品回収業者に依頼するのがおすすめなのか

オフィスや店舗で使用されている書庫は、サイズが大きく、重量もあるため、自分たちで処分するのは非常に困難です。不用品回収業者に依頼することで、専門的な知識と経験を持ったスタッフが効率的かつ安全に処分を行ってくれます。また、法律に基づいた適切な処分が保証されるため、環境への配慮や法令遵守も徹底されています。

依頼する方法

  1. 業者の選定:
    • インターネット検索や口コミを参考に信頼できる不用品回収業者を探します。
    • 業者のウェブサイトやレビューを確認し、信頼性を評価します。
  2. 見積もりの取得:
    • 処分したい書庫の種類、数量、状態を業者に伝え、見積もりを依頼します。
    • 複数の業者から見積もりを取り、比較検討します。
  3. 契約の締結:
    • 見積もり内容に納得したら、業者と契約を結びます。
    • 契約内容には、処分費用、運搬費用、処分方法が明示されていることを確認します。
  4. 回収日の調整:
    • 不用品回収業者と回収日を調整し、当日に備えて書庫を回収しやすい場所に移動させます。
  5. 処分の確認:
    • 回収が完了したら、業者から処分証明書を受け取り、適切に処分されたことを確認します。

メリット

  1. 安全で効率的な処分:
    • 専門のスタッフが書庫を安全かつ効率的に処分してくれます。
    • 自分たちで運搬する必要がないため、ケガのリスクが減ります。
  2. 法令遵守:
    • 法律に基づいた適切な処分が保証されるため、環境への配慮や法令遵守が徹底されます。
    • 処分証明書(マニフェスト)の発行により、適切な処分が証明されます。
  3. 時間と労力の節約:
    • 書庫の解体や運搬、処分手続きをすべて業者が行ってくれるため、時間と労力が節約できます。

デメリット

  1. 費用がかかる:
    • 業者に依頼するための費用が発生します。特に大量の書庫を処分する場合、費用が高くなることがあります。
  2. 業者選びが必要:
    • 信頼できる業者を選ぶためには、時間と労力がかかります。

注意点

  1. 業者の信頼性確認:
    • 必ず信頼できる業者を選びます。口コミやレビュー、実績を確認し、信頼性を評価します。
  2. 適切な見積もりを取得:
    • 見積もりを取得する際は、詳細な内容を確認し、不明点があれば質問します。
  3. 契約内容の確認:
    • 契約内容をしっかりと確認し、不明点や曖昧な点がないようにします。
  4. 処分証明書の取得:
    • 書庫が適切に処分されたことを証明する書類を取得し、保管します。

不用品回収ゼロでは、オフィスや店舗向けの書庫処分サービスを提供しています。年間3000件の実績と高評価を持つ信頼できるサービスで、適切なリサイクル処理を徹底しております。ぜひ、お問い合わせください。

それぞれの処分にかかる費用と特徴の比較

オフィス、店舗にある書庫は不用品回収業者に依頼するのがおすすめ!

書庫の種類とその特徴

  1. メタルキャビネット
    • 特徴: 耐久性があり、セキュリティ面でも安心なロック機能付きが多い。重さがあるため、安定性が高い。
    • 廃棄処分費用: 5,000円〜15,000円(サイズや状態による)
  2. 木製書庫
    • 特徴: 温かみのあるデザインでインテリアにマッチしやすい。多様なデザインがあり、カスタマイズも可能。
    • 廃棄処分費用: 3,000円〜10,000円(サイズや状態による)
  3. プラスチック製書庫
    • 特徴: 軽量で移動が簡単、湿気に強く耐久性もある。コストパフォーマンスが高い。
    • 廃棄処分費用: 2,000円〜7,000円(サイズや状態による)
  4. モジュラー書庫
    • 特徴: 自由に組み合わせが可能で、スペースに応じた柔軟な配置ができる。増設が容易。
    • 廃棄処分費用: 4,000円〜12,000円(サイズやパーツの数による)
  5. アーカイブキャビネット
    • 特徴: 大量の書類を長期間保管できる大型キャビネット。耐火性や防湿性が高いものが多い。
    • 廃棄処分費用: 7,000円〜20,000円(サイズや状態による)

オフィス、店舗にある書庫の主な3つの処分方法

1. 産廃運搬業者への依頼

特徴:

  • 専門性: 法律に基づいた適切な処分が可能で、産業廃棄物の収集・運搬・処分に特化しています。
  • マニフェスト発行: 適切な処分を証明するための処分証明書(マニフェスト)の発行が義務付けられています。
  • 信頼性: 適切な処分が保証され、不法投棄の心配がありません。

廃棄処分にかかる費用:

  • 5,000円〜20,000円(書庫のサイズや数量による)+収集運搬費25000円〜(関西相場)

メリット:

  • 法令遵守: 確実に法律に基づいた処分が行われます。
  • 安心感: マニフェストにより、適切な処分が証明されます。
  • 大型・大量の処分: 大型書庫や大量の不用品も効率的に処分できます。

デメリット:

  • 費用がかかる: 他の方法より費用が高くなる場合があります。
  • 業者選定が必要: 信頼できる業者を選ぶ必要があります。

注意点:

  • 業者の信頼性確認: 資格や許可証の有無、実績を確認します。
  • 契約内容の確認: 費用や処分方法を明確に確認し、書面で契約します。

2. リサイクルショップ

特徴:

  • 再利用: 再販可能な状態の書庫を買い取り、再利用します。
  • コスト削減: 買い取り価格がつけば、処分費用を抑えることができます。

廃棄処分にかかる費用:

  • 費用はかからず、逆に買取価格がつく場合があります(状態や需要による)

メリット:

  • 環境に優しい: 書庫が再利用されるため、廃棄物の削減に貢献します。
  • 費用の削減: 買い取り価格がつくことで、処分費用がかからない場合があります。

デメリット:

  • 需要依存: 書庫の状態や需要によっては買い取り価格がつかない場合があります。
  • 手間がかかる: 複数のショップで査定を受ける必要があります。

注意点:

  • 状態の確認: 書庫をきれいにし、状態をよく確認します。
  • 複数の査定を受ける: 最良の条件で売却できるよう、複数のリサイクルショップで査定を受けます。

3. 不用品回収業者

特徴:

  • 迅速な対応: 即日対応や引き取りサービスがあり、迅速に処分が可能です。
  • 幅広い対応: 書庫以外の不用品もまとめて処分できます。

廃棄処分にかかる費用:

  • 5,000円〜15,000円(書庫のサイズや数量による)

メリット:

  • 効率的な処分: 専門のスタッフが迅速に対応し、手間がかかりません。
  • 安全性: 大型の書庫も安全に運搬・処分できます。

デメリット:

  • 費用がかかる: 依頼費用が発生します。特に大量の書庫を処分する場合は費用が高くなることがあります。

注意点:

  • 業者の信頼性確認: 口コミや実績を確認し、信頼できる業者を選びます。
  • 適切な見積もりを取得: 見積もり内容を確認し、不明点があれば質問します。

まとめ

不用品回収ゼロでは、オフィスや店舗向けの書庫処分サービスを提供しています。信頼できるサービスで、法令に基づいた適切な処分をお約束します。ご相談や見積もりの依頼はお気軽にどうぞ。

それぞれの処分費用の目安

品名 費用
市の行政 オフィス用品は対応不可
リサイクルショップ(買取) +0円〜
リサイクルショップ(処分) 対応不可
産業廃棄物会社 数千円〜+運搬費25000円~
不用品回収業者 10000円〜
不用品回収ゼロの場合 8000円〜
ペンギン

不用品回収がおすすめ!
不用品回収ゼロの強み

オフィス、店舗にある書庫の処分は不用品回収ゼロにお任せください!

オフィスや店舗で不要になった書庫の処分にお困りではありませんか?大きくて重い書庫は自分たちで運ぶのも一苦労。さらに、適切に処分するためには、法律に基づいた手続きが必要です。そんな時は、不用品回収ゼロにお任せください。不用品回収ゼロは、産業廃棄物収集運搬許可を取得しており、書庫の回収、買取、そして適切な処分までを一括して行います。

不用品回収ゼロの強み

  1. 産業廃棄物収集運搬許可の取得: 不用品回収ゼロは、産業廃棄物収集運搬許可を取得しているため、オフィスや店舗の不用品を法律に基づいて適切に処分します。適切な処分証明書(マニフェスト)の発行も可能ですので、法令遵守が求められる企業様にも安心してご利用いただけます。
  2. 買取サービス: 書庫がまだ使える状態であれば、買取サービスもご利用いただけます。再利用可能な書庫を適切に査定し、買取価格を提示いたします。買取によって、処分費用を抑えられるため、コスト削減にもつながります。
  3. 迅速で安全な回収: 不用品回収ゼロは、迅速な対応をお約束します。経験豊富なスタッフが安全に書庫を運び出し、迅速に処分いたします。大型で重い書庫も安心してお任せください。

不用品回収ゼロを利用するメリット

  1. 効率的な処分: 書庫の処分は専門の業者に任せることで、時間と労力を節約できます。特に大型で重い書庫を自分たちで運ぶのは大変ですが、不用品回収ゼロなら手間をかけずに効率的に処分できます。
  2. 環境に優しい処分: 不用品回収ゼロは、リサイクル可能な資源を最大限に活用し、環境に配慮した処分を行っています。書庫の素材に応じて、リサイクル処理を徹底し、廃棄物の削減に貢献しています。
  3. 法令遵守の徹底: 産業廃棄物の処分には厳格な法令が定められており、適切な処分が求められます。不用品回収ゼロは、法令に基づいた処分を徹底しており、処分証明書(マニフェスト)の発行によって、適切な処分を証明します。安心してご利用いただけます。

依頼の流れ

  1. お問い合わせと見積もり: お電話やウェブサイトからお問い合わせください。書庫の種類、数量、状態をお知らせいただければ、迅速に見積もりを作成いたします。
  2. 査定と契約: 書庫の状態を確認し、買取価格を提示いたします。買取が難しい場合でも、回収費用を含めた見積もりを提示します。納得いただければ、契約を締結します。
  3. 回収と処分: 回収日を調整し、迅速に書庫を回収いたします。回収後、適切に処分し、必要に応じて処分証明書を発行いたします。

注意点

  • 業者の信頼性確認: 不用品回収ゼロは、産業廃棄物収集運搬許可を取得しており、信頼性と実績があります。安心してご利用いただけます。
  • 見積もりの詳細確認: 提示された見積もり内容をよく確認し、不明点があればお気軽にお問い合わせください。
  • 契約内容の確認: 契約前に費用や処分方法をしっかり確認し、納得の上で契約を進めます。

オフィスや店舗の書庫の処分は、不用品回収ゼロにお任せください。迅速かつ安全に、そして環境に配慮した適切な処分をお約束します。お問い合わせは、今すぐお電話またはウェブサイトからどうぞ。

書庫の処分でよくある質問

書庫を処分したいのですが、自分で自治体の粗大ゴミとして出せますか?
オフィスや店舗で使用されている書庫は、自治体の粗大ゴミ処分サービスを利用することができません。自治体の粗大ゴミ処分サービスは一般家庭向けに提供されているものであり、事業所の不用品は対象外です。オフィスや店舗の書庫を処分する際は、不用品回収業者や産業廃棄物収集運搬業者に依頼する必要があります。弊社不用品回収ゼロでは、オフィスや店舗向けの書庫処分サービスを提供しており、迅速かつ適切な処分を行います。
もちろん一般家庭の書庫の処分は自治体の粗大ゴミ、大型ゴミのサービス、または弊社不用品回収ゼロへご相談ください。
書庫をリサイクルショップで買い取ってもらうことはできますか?
書庫の状態や種類によっては、リサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。再利用可能な書庫であれば、リサイクルショップに連絡して査定を依頼することをお勧めします。ただし、書庫の状態や需要によっては買い取り価格がつかない場合や、引き取りのみの場合もあります。不用品回収ゼロでは、書庫の買取サービスも提供していますので、ぜひ一度ご相談ください。買取が難しい場合でも、回収・処分サービスを利用することでスムーズに処分が可能です。
不用品回収業者に書庫の処分を依頼する場合、どのような手続きが必要ですか?
不用品回収業者に書庫の処分を依頼する際の手続きは以下の通りです。

お問い合わせと見積もり:

お電話やウェブサイトからお問い合わせいただき、処分したい書庫の種類、数量、状態をお知らせください。迅速に見積もりを作成いたします。
査定と契約:

書庫の状態を確認し、買取が可能な場合は買取価格を提示いたします。買取が難しい場合でも、回収費用を含めた見積もりを提示します。納得いただければ、契約を締結します。
回収と処分:

回収日を調整し、迅速に書庫を回収いたします。回収後、適切に処分し、必要に応じて処分証明書を発行いたします。
不用品回収ゼロでは、産業廃棄物収集運搬許可を取得しており、法令に基づいた適切な処分を行っています。お客様の手間を最小限に抑え、安心してご利用いただけるサービスを提供しています。
おすすめ記事

その他の不用品回収例

不用品回収の流れ

  • 電話を受ける女性

    STEP01

    無料お見積り・買取査定

  • 荷物を運ぶ

    STEP02

    搬出作業

  • 掃除するスタッフ

    STEP03

    簡易清掃・ご確認

  • 請求書と印鑑

    STEP04

    お支払い

不用品回収は全てコミコミで安心の料金設定
料金例のご紹介

電話・出張お見積もり、出張査定すべて無料!!最短即日&格安で処分・お引き取り!

0120-629-956

受付時間: 08:30~21:00《年中無休》

他より1円でも高い場合はお気軽にご相談下さい!

閉じるボタン

どんな状態でも片付けます!!

TEL0120-629-956