メール
電話

物置

物置の回収

不用品回収ゼロが即日対応いたします。

お客様A

家族が子供も居たときはかなり重宝してましたが、子供が家を出てからほとんど使わなくなったので処分したい。。。

お客様B

実家の片付けをしている時に、生前父が趣味を入れていた物置の処分、物置の中身の処分をまとめて依頼したいのですが、、、

不用品回収ゼロ

購入時にはこういう物を入れよう、季節物を入れてたけどいざ時間とともに中身の荷物も、物置も劣化していきます。
処分となった際にどのような処分方法がいいのか、また物置といえど種類はたくさんあります。
まずはどのような物置があるのかみていきましょう!

1. スチール製物置

特徴:

  • 耐久性が高く、錆びにくい
  • 防犯性能が高い
  • 屋外での使用に最適

用途:

  • ガーデニング用品や工具の保管
  • 自転車やバイクの収納

2. 木製物置

特徴:

  • 自然な見た目で景観に調和しやすい
  • カスタマイズが容易
  • 防腐処理が必要

用途:

  • ガーデニングツールやアウトドア用品の収納
  • DIYプロジェクトやアトリエとして使用

3. プラスチック製物置

特徴:

  • 軽量で組み立てが簡単
  • 防水性が高く、腐食しない
  • メンテナンスが少ない

用途:

  • 小型のガーデニング用品や子供の遊び道具の保管
  • 屋外での軽量な収納

4. コンクリート製物置

特徴:

  • 非常に頑丈で長持ち
  • 防犯性能が高い
  • 施工が必要で設置が固定される

用途:

  • 高価な工具や機械の保管
  • 防災用の備蓄品の収納

5. 布製物置

特徴:

  • 組み立てと解体が容易
  • 価格が安価で移動が簡単
  • 長期間の使用には不向き

用途:

  • 一時的な収納スペースとして利用
  • 軽量なアウトドア用品やキャンプ用品の保管

6. ハイブリッド物置

特徴:

  • 複数の素材を組み合わせた設計
  • 各素材の利点を活かしている
  • 用途に応じたカスタマイズが可能

用途:

  • 特定のニーズに合わせた収納
  • 多目的な使用に対応

これらの物置は、それぞれ異なる特徴と用途があります。ユーザーのニーズに合わせて適切な物置を選ぶことが大切です。この記事では、物置の種類を理解することで、どの処分方法が最適かを判断しやすくすることを目指します。

行政の自治体で処分を依頼する

自治体の大型ゴミ、粗大ゴミの収集サービスを利用する!

物置を処分する際の一つの方法として、自治体の大型ゴミ、粗大ゴミの収集サービスを利用する方法があります。以下に、具体的な処分方法、メリット、デメリット、そして注意点を詳しく説明します。

処分方法

  1. 申込手続き
    • 自治体のウェブサイトや電話で申し込みを行います。申し込み時に物置のサイズや種類を伝える必要があります。
  2. 収集日程の調整
    • 申込後、自治体から収集日が通知されます。通常は数日から数週間後となります。
  3. 処分シールの購入
    • コンビニエンスストアや市役所などで、粗大ゴミ処分用のシールを購入し、物置に貼り付けます。
  4. 収集日当日
    • 指定された場所(自宅前など)に物置を出します。収集スタッフが来て引き取ります。

メリット

  • 手軽さ
    • 申し込みから処分までが一貫して行えるため、手続きが比較的簡単です。
  • コストの安さ
    • 一般的に、専門業者に依頼するよりも安価です。
  • 確実な処分
    • 自治体が責任を持って処分してくれるため、環境に配慮した適切な処理が期待できます。

デメリット

  • 収集日が限定される
    • 収集日が自治体によって指定されるため、すぐに処分したい場合には不便です。
  • 物置の解体が必要
    • 大型の物置はそのままでは収集できないため、自分で解体する必要がある場合があります。
  • 予約が必要
    • 事前の申し込みが必須であり、忘れると処分が遅れる可能性があります。

注意点

  • 正確な情報の提供
    • 申し込み時に物置のサイズや種類を正確に伝えないと、収集ができない場合があります。
  • 処分シールの貼付
    • 処分シールを購入し、指定の場所に貼り付けることを忘れないようにしましょう。
  • 解体作業
    • 自治体によっては解体された状態でないと収集してもらえない場合があります。事前に確認し、必要ならば解体しておきましょう。
  • 出し忘れに注意
    • 収集日の朝、指定された場所に出し忘れると次回の収集まで待たなければなりません。

まとめ

自治体の大型ゴミ、粗大ゴミの収集サービスを利用することで、手軽かつ経済的に物置を処分することができます。ただし、収集日の調整や事前の解体作業など、いくつかの注意点を守る必要があります。これらのポイントを押さえて、スムーズな処分を行いましょう。

解体して普通ゴミで処分

自力で解体・運搬する処分方法で処分代金ゼロ円?!

物置の処分を考えている方に、自力で解体・運搬することで処分代金をゼロにする方法を紹介します。この記事では、必要な道具や具体的な手順、メリット・デメリット、そして注意点を詳しく解説します。

解体するのに必要な道具

  • ハンマー: 大きな部品を分解するために使用します。
  • レンチ/スパナ: ボルトやナットを外すための道具です。
  • ドライバー: ネジを外すために必要です。プラスとマイナスの両方を用意しましょう。
  • のこぎり: 木製や金属製の部品を切断するために使います。
  • 手袋: 安全のために必ず着用しましょう。
  • 保護メガネ: 飛び散る破片から目を守るために使用します。

自力で解体処分する方法

  1. 準備
    • 必要な道具を揃え、安全装備を着用します。
  2. 解体手順の確認
    • 物置の構造を確認し、どこから解体を始めるか計画を立てます。説明書やインターネットでの情報を参考にすると良いでしょう。
  3. 分解開始
    • 物置の内部を整理し、中身をすべて取り出します。これにより作業スペースが確保され、解体作業がスムーズに行えます。
  4. 上部からの解体
    • 屋根部分から解体を開始します。ハンマーやドライバーを使用してネジやボルトを外し、屋根を取り外します。
    • 金属製の屋根の場合、鋭利な部分に注意しながら作業を行います。
  5. 壁の解体
    • 屋根を取り外したら、次に壁を解体します。四隅の柱から順番にボルトやネジを外し、壁パネルを取り外します。
    • 壁パネルは大型ゴミとして処分するため、解体後は一時的に保管しておきます。
  6. 床と基礎の解体
    • 最後に床部分と基礎を解体します。床板を取り外し、基礎の固定部分を分解します。
    • 基礎がコンクリートの場合、専門業者に依頼するか、自治体の指示に従って処分します。
  7. 小さなパーツに分ける
    • 解体した部品をさらに小さなパーツに分けていきます。のこぎりを使って必要に応じて切断します。木製部分や金属部分を分別します。
  8. 廃材の処分
    • 分解したパーツを分別し、リサイクル可能なものはリサイクルセンターへ、不燃ゴミや粗大ゴミとして出すものは自治体の規定に従って処分します。

メリット

  • コストゼロ
    • 解体と運搬を自分で行うことで、処分代金を完全に抑えることができます。
  • 柔軟性
    • 自分のスケジュールに合わせて作業を進めることができます。
  • リサイクルの促進
    • 分別して処分することで、リサイクル可能な資源を有効活用できます。

デメリット

  • 労力と時間
    • 解体と運搬には多くの時間と労力が必要です。
  • 安全性
    • 適切な装備や知識がないと、ケガをするリスクがあります。
  • 処分の手間
    • 解体後の廃材の処分には手間がかかります。自治体の規定を守る必要があります。

注意点

  • 安全装備の着用
    • 手袋や保護メガネを必ず着用し、安全に作業を行いましょう。
  • 自治体のルールを確認
    • 物置の廃材の処分方法は自治体ごとに異なります。事前に確認しておきましょう。
  • 適切な道具の使用
    • 適切な道具を使うことで、効率的にかつ安全に解体を進めることができます。
  • 無理をしない
    • 重い物や難しい作業は無理をせず、場合によっては専門業者に依頼することも検討しましょう。

まとめ

自力で物置を解体・運搬することで、処分代金をゼロにすることが可能です。しかし、そのためには適切な準備と計画、安全への配慮が不可欠です。この記事を参考に、安全かつ効率的に物置を処分してください。

専門店やリサイクルショップに引き取ってもらう!

不要になった物置がお金に変わる錬金術?!専門店やリサイクルショップに引き取ってもらう方法を解説!!

不要になった物置をお金に変える方法として、専門店やリサイクルショップに引き取ってもらう方法があります。この記事では、高価買取してもらうためのコツや手続き方法、メリット・デメリット、注意点、そして買取が断られた場合の処分費用について詳しく解説します。

専門店やリサイクルショップで高価買取してもらう方法

  1. 状態を確認・整備
    • 物置の状態をチェックし、破損や汚れをできるだけ修理・清掃しておきます。状態が良いほど高価買取が期待できます。
  2. 市場価値の調査
    • 同じような物置がどのくらいの価格で取引されているかを調査します。オンラインオークションサイトやリサイクルショップの価格を参考にします。
  3. 写真を撮影
    • 物置の全体像や重要な部分の写真を撮影し、買取査定の際に提出できるよう準備します。写真が多いほど、正確な査定が期待できます。
  4. 買取専門店に問い合わせ
    • いくつかの買取専門店やリサイクルショップに問い合わせ、見積もりを取ります。複数の見積もりを比較して最も高価なものを選びます。

処分依頼する手続き方法

  1. 店舗選び
    • 買取を希望する店舗を選び、事前に電話やメールで問い合わせます。店舗の評判や口コミを確認しておくと安心です。
  2. 見積もり依頼
    • 物置の写真や詳細情報を送付し、見積もりを依頼します。訪問査定が必要な場合は、日時を調整します。
  3. 査定と契約
    • 専門店のスタッフが物置を査定し、買取価格を提示します。納得できる価格であれば、契約を結びます。
  4. 引き取りと支払い
    • 契約後、物置の引き取りを行います。引き取り時に支払いが完了します。銀行振込や現金払いなど、支払い方法を確認しておきましょう。

メリット

  • 収益化
    • 不要な物置をお金に変えることができるため、処分費用をかけずに利益を得ることができます。
  • 環境に優しい
    • 再利用されることで、環境負荷を軽減できます。
  • 簡単な手続き
    • 専門店が引き取りから支払いまで一貫して行ってくれるため、手間がかかりません。

デメリット

  • 買取価格の変動
    • 状態や市場の需要により、希望する価格で買取ってもらえない場合があります。
  • 査定の手間
    • 店舗ごとに見積もりを取る手間がかかります。
  • 引き取りの制約
    • 一部の店舗では引き取りエリアが限られているため、地域によっては利用できない場合があります。

注意点

  • 正確な情報提供
    • 物置の状態や特徴を正確に伝えることで、査定がスムーズに進みます。
  • 事前確認
    • 店舗の買取条件や手数料について事前に確認しておきましょう。
  • 引き取り時の対応
    • 引き取り時に問題が発生しないよう、物置を事前に準備しておきます。

買取断られた時の処分費用

買取を断られた場合、自治体の粗大ゴミ収集サービスや不用品回収業者に依頼する必要があります。以下はその費用の目安です。

  • 自治体の粗大ゴミ収集
    • 料金は自治体によりますが、一般的には数百円から数千円程度です。事前に申し込みが必要です。
  • 不用品回収業者
    • 業者によって異なりますが、運搬や処分の手数料を含めて数千円から数万円程度になることがあります。見積もりを取って比較することをおすすめします。

まとめ

不要になった物置を専門店やリサイクルショップに引き取ってもらうことで、処分代金をゼロにするどころか、お金に変えることができます。ただし、買取が断られた場合には、自治体のサービスや不用品回収業者を利用することも考慮に入れておきましょう。この記事を参考に、賢く物置を処分してください。

友人や知人に物置を譲る

運搬手間などはかかるが費用かけずにするにはやっぱり友人や知人に譲るのが一番??

物置を処分する際に、最もコストを抑える方法の一つとして、友人や知人に譲ることが挙げられます。運搬の手間はかかるものの、処分費用を節約できる点が魅力です。ここでは、友人や知人に物置を譲る方法、メリット、デメリット、そして注意点を詳しく解説します。

友人や知人に譲る方法

  1. 声をかける
    • まずは近くの友人や知人に声をかけ、物置を必要としている人がいないかを確認します。直接会う機会がなければ、電話やメッセージを利用します。
  2. SNSで告知
    • FacebookやInstagram、LINEなどのSNSを利用して、譲り先を募る方法も効果的です。写真や詳細情報を添えて投稿すると良いでしょう。
  3. 譲渡の合意
    • 譲り先が決まったら、引き渡しの日程や運搬方法について具体的に話し合います。物置のサイズや重量に応じて、適切な運搬手段を検討します。
  4. 運搬と設置
    • 実際に物置を運搬し、譲渡先で設置します。運搬には車やトラックが必要な場合があるため、レンタルするか友人に協力を依頼します。

メリット

  • 費用ゼロ
    • 譲渡することで、処分費用をかけずに済みます。お互いにメリットがあります。
  • 手軽さ
    • 手続きが簡単で、スムーズに進むことが多いです。特に信頼関係がある場合、迅速に対応できます。
  • 人間関係の強化
    • 物を譲ることで、友人や知人との関係がより強固になります。

デメリット

  • 運搬の手間
    • 具体例: 物置が大型で重い場合、運搬が非常に困難になります。特に階段や狭い通路を通る際には、複数人での作業が必要です。また、運搬中に怪我をするリスクもあります。
  • 引き取り先の限定
    • 具体例: 必要としている友人や知人が見つからない場合があります。特に物置のサイズやデザインが特殊な場合、引き取り手が見つかりにくくなることがあります。
  • 責任問題
    • 具体例: 譲った物置に不具合や破損があった場合、後で「壊れていた」などのクレームが来る可能性があります。これが原因で関係が悪化することも考えられます。

注意点

  • 状態の確認
    • 具体例: 物置の状態を事前にしっかり確認し、問題があれば修理や清掃を行います。例えば、錆びや腐食がある場合は取り除く、扉のヒンジが緩んでいる場合は締め直すなどです。
  • 運搬方法の確認
    • 具体例: 運搬の手段を事前に確認し、安全に運ぶための準備を行います。必要に応じて運搬の手助けを依頼しましょう。例えば、トラックをレンタルする、運搬用の台車を用意するなど。
  • 同意の文書化
    • 具体例: 重要な場合は、譲渡の同意書を簡単に作成しておくと安心です。「物置の現状を理解した上で引き取る」という内容を記載し、双方が署名します。これにより、後々のトラブルを防ぐことができます。
  • タイミングの調整
    • 具体例: 引き渡しの日程を相手と調整し、お互いのスケジュールに合わせて行うことが重要です。例えば、週末の都合が良い時間帯を選ぶ、運搬に必要な人数を確保するなど。

まとめ

友人や知人に物置を譲ることは、処分費用をかけずに手軽に物置を処分する方法の一つです。運搬の手間はかかりますが、信頼関係がある相手に譲ることで、お互いにとって有益な結果を得ることができます。この記事を参考に、安全かつスムーズに物置を譲渡しましょう。

不用品回収業者を利用して処分

物置を処分するには不用品回収業者に依頼するのが一番おすすめ?

不要になった物置処分する際に、不用品回収業者に依頼することが最も効率的で便利な方法の一つです。この記事では、不用品回収業者に依頼する方法、メリット、デメリット、そして注意点について詳しく解説します。

不用品回収業者に依頼する方法

  1. 業者選び
    • まず、信頼できる不用品回収業者を探します。口コミやレビューを参考にし、実績や評価が高い業者を選びましょう。
    • 実際に利用した声を聞くにはGoogleマイビジネス(Googleでお店の名前を調べて口コミの確認)で調べるのがお勧めです。
  2. 問い合わせと見積もり
    • 業者に連絡し、物置のサイズや状態について詳細を伝え、見積もりを依頼します。複数の業者から見積もりを取って比較するのも良い方法です。
  3. 予約とスケジュール調整
    • 見積もりに納得したら、回収の日程を予約します。業者が指定した日時に回収作業を行ってもらいます。
  4. 回収作業
    • 回収当日は、物置の周辺を整理し、作業がスムーズに行えるよう準備します。業者が到着し、物置を安全に撤去してくれます。

メリット

  • 手軽さと便利さ
    • 具体例: 回収や処分のプロの不用品回収業者に任せることで、解体から運搬、処分までを一括で行ってもらえます。例えば、自分で工具を用意し、力仕事をする必要がなくなるため、特に高齢者や忙しい人にとっては非常に便利です。
  • 安全性
    • 具体例: 重くて大きな物置の解体や運搬は危険を伴いますが、専門の不用品回収業者に依頼することで安全に作業が行われます。例えば、業者は必要な安全装備を持っており、適切な方法で解体・運搬を行うため、事故や怪我のリスクが大幅に減少します。
  • 迅速な対応
    • 具体例: 業者は迅速に対応してくれるため、物置をすぐに処分したい場合にも適しています。例えば、引っ越し前や大掃除の際に急いで処分したい場合でも、業者に依頼すれば短期間で対応してもらえます。
  • 専門知識と経験
    • 具体例: 不用品回収業者は多くの物置不用品処分を経験しており、どのように解体し運び出すかの専門知識を持っています。例えば、特殊な工具や技術を用いてスムーズに作業を進めることができます。
  • 環境に優しい処分
    • 具体例: 不用品回収業者は法令を遵守し、環境に配慮した適切な処分方法を取ります。例えば、リサイクル可能な部品を分別し、適切なリサイクル施設に送ることで、環境への影響を最小限に抑えます。

デメリット

  • 費用がかかる
    • 業者に依頼するためには費用が発生します。見積もりを比較し、コストを確認してから依頼することが重要です。
  • 業者選びの手間
    • 信頼できる不用品回収業者を見つけるために、調査や問い合わせの手間がかかります。信頼性や実績を重視して選びましょう。
  • スケジュール調整
    • 業者のスケジュールに合わせて予約を取る必要があり、自分の都合と調整する手間がかかります。

注意点

  • 事前確認
    • 業者に依頼する前に、物置の状態やサイズを正確に伝えることが重要です。これにより、正確な見積もりを得ることができます。
  • 見積もりの確認
    • 見積もり内容をしっかり確認し、追加料金やキャンセルポリシーについても理解しておきましょう。特に、解体作業が必要な場合は追加料金が発生することがあります。
  • 信頼性の確認
    • 不用品回収業者の信頼性を確認するために、口コミやレビューをチェックし、過去の利用者の評価を参考にします。また、適切な許可を持っているかも確認しましょう。
  • 環境への配慮
    • 物置処分する際、環境に配慮した適切な処理を行っている業者を選ぶことが重要です。リサイクルや適正処理を行っているかどうかを確認しましょう。

まとめ

物置処分する際に、不用品回収業者に依頼することは、手軽で安全な方法です。費用はかかるものの、迅速かつ確実に処分できるため、多くの方におすすめです。この記事を参考に、最適な業者を見つけてスムーズに物置処分しましょう。

それぞれの処分にかかる費用と特徴の比較

それぞれの処分の特徴!〜こんな方におすすめ〜徹底解説!

不要になった物置処分する方法には様々な選択肢があります。それぞれの処分方法には特徴があり、コストや手間も異なります。ここでは、自治体のサービス、解体処分、専門店やリサイクルショップ、知人友人に譲る方法、不用品回収業者の特徴、処分費用、そしてどんな人におすすめかを徹底解説します。

自治体のサービスで処分

特徴:

  • 申し込みが必要で、収集日が限られている。
  • 自己解体が必要な場合がある。

処分費用:

  • 数百円から数千円程度

こんな人におすすめ:

  • コストを抑えたい人。
  • 収集日まで待てる余裕がある人。
  • 解体作業ができる人。

自力で解体・運搬して処分

特徴:

  • 自分で解体し、各パーツを適切に分別して処分。
  • 手間と時間がかかるが、費用を抑えられる。

処分費用:

  • 基本的にゼロ円(工具や運搬のための費用は別途)。

こんな人におすすめ:

  • 力仕事やDIYが得意な人。
  • コストをかけたくない人。
  • 自分のペースで作業を進めたい人。

専門店やリサイクルショップに引き取ってもらう

特徴:

  • 再利用可能な物置であれば高価買取の可能性あり。
  • 状態や市場価値によっては買取価格が変動。

処分費用:

  • 買取の場合、むしろ収益になる買取不可の場合はかなりの二度手間。

こんな人におすすめ:

  • まだ使用可能な状態の物置を持っている人。
  • 簡単に収益化したい人。
  • リサイクルに興味がある人。

知人や友人に譲る

特徴:

  • 処分費用がかからない。
  • 運搬の手間がかかる。

処分費用:

  • 基本的にゼロ円(運搬のための費用は別途)譲った後のリスクがかなり高い。

こんな人におすすめ:

  • 無料で譲っても構わない人。
  • 物置を必要としている知人や友人がいる人。
  • 物置の処分を通じて人間関係を強化したい人。

不用品回収業者に依頼

特徴:

  • プロの不用品回収業者が解体から運搬、処分までを一括で行う。
  • 迅速かつ安全に処分できる。

処分費用:

  • 数千円から数万円程度。

こんな人におすすめ:

  • 手間をかけたくない人。
  • 迅速に処分したい人。
  • 安全に処分したい人。

まとめ

物置処分するには、それぞれの方法に特徴があります。コストや手間を考慮して、自分に合った方法を選ぶことが大切です。この記事を参考に、最適な方法で物置処分し、スペースを有効に活用しましょう。

それぞれの処分費用の目安

品名 費用
市の行政 1,000円程度〜
リサイクルショップ(買取) +500~10000
リサイクルショップ(処分) 買取不可の場合の手間と運賃
友人、知人 クレームあった場合のリスク
不用品回収業者 10000円〜
不用品回収ゼロの場合 8000円〜
ペンギン

不用品回収がおすすめ!
不用品回収ゼロの強み

物置の解体、運搬、処分までをワンストップで!不用品回収ゼロに依頼しよう!

不要になった物置処分する際に、解体から運搬、そして最終的な処分までを一括で任せられる不用品回収業者「不用品回収ゼロ」に依頼するのが最も効率的で便利な方法です。ここでは、不用品回収ゼロに依頼する方法やメリット、強み、具体的な手順について詳しく解説します。

不用品回収ゼロに依頼する方法

  1. 問い合わせと見積もり
    • まず、不用品回収ゼロに電話やウェブサイトから問い合わせをします。物置のサイズや状態、所在地などの詳細情報を伝え、見積もりを依頼します。
  2. 予約とスケジュール調整
    • 見積もりに納得したら、回収の日程を予約します。希望する日時を伝え、業者とスケジュールを調整します。
  3. 回収当日の準備
    • 回収当日は、物置の周辺を整理し、作業がスムーズに行えるよう準備します。必要に応じて、作業スペースを確保します。
  4. 解体、運搬、処分
    • 不用品回収ゼロのスタッフが到着し、物置の解体から運搬、処分までを一括で行います。プロの手によって安全かつ迅速に作業が完了します。

メリット

  • ワンストップサービス
    • 解体から運搬、処分までを一括で任せられるため、手間がかかりません。全ての作業を一度に終えることができます。
  • 迅速で効率的
    • 経験豊富なスタッフが対応するため、迅速かつ効率的に物置処分することができます。
  • 安全性
    • 専門のスタッフが作業を行うため、安全に物置の解体と運搬が行われます。自己処理の場合の事故や怪我のリスクを避けることができます。
  • 環境に配慮した処分
    • 回収された物置は適切にリサイクルされ、環境に配慮した方法で処分されます。不用品回収ゼロは、環境保護に取り組んでいるため、安心して依頼できます。

不用品回収ゼロの強み

  • Google口コミ総数300件超え(評価4.9)
    • 高評価の口コミが300件以上あり、利用者からの信頼と満足度の高さが伺えます。
  • テレビメディアなどの掲載実績多数あり
    • 多くのメディアに取り上げられており、信頼性と知名度が高い業者です。
  • 環境に配慮した処分
    • 環境への配慮を徹底しており、回収した不用品を適切にリサイクル・処分しています。
  • 年間作業実績3000件
    • 年間3000件もの作業実績があり、多くの実績と経験があります。

注意点

  • 正確な情報提供
    • 見積もり依頼時には、物置のサイズや状態、設置場所の詳細を正確に伝えることが重要です。これにより、正確な見積もりとスムーズな作業が可能となります。
  • 予約の確認
    • 予約日時の確認を忘れずに行い、作業当日に問題が発生しないように準備を整えておきましょう。
  • 追加料金の確認
    • 見積もりに含まれる内容を確認し、解体や運搬にかかる追加料金が発生しないかを事前に確認しておきましょう。

まとめ

物置の解体、運搬、処分までをワンストップで任せられる不用品回収ゼロは、手間をかけずに効率的に物置処分するための最良の選択です。高評価の口コミ、メディア掲載実績、環境に配慮した処分方法、そして豊富な作業実績を誇る不用品回収ゼロに依頼して、安全かつ迅速に物置処分しましょう。今すぐ不用品回収ゼロに問い合わせて、ストレスフリーな処分体験を手に入れてください。

TEL:0120-629-956

メールからはこちら!

LINEはこちらから!

物置の処分でよくある質問

物置の解体や回収にはどれくらいの時間がかかりますか?
物置のサイズや状態によりますが、一般的には2~3時間程度で解体・回収が完了します。大型の物置や解体に手間がかかる場合は、もう少し時間がかかることもあります。不用品回収ゼロでは、迅速かつ効率的な作業を心がけていますので、事前にお問い合わせいただければ、具体的な時間をお知らせします。
物置の回収費用はどれくらいかかりますか?
物置のサイズや重量、設置場所、解体の必要性などによって費用は変動します。不用品回収ゼロでは、無料見積もりを提供しておりますので、まずはお問い合わせください。一般的な費用の目安としては、数千円から数万円程度となります。見積もり時に正確な料金をご案内いたします。
物置の中にある不用品も一緒に処分してもらえますか?
はい、物置の中にある不用品も一緒に処分いたします。不用品回収ゼロでは、物置の中身も含めて一括で回収・処分するサービスを提供しています。中身の詳細を事前にお知らせいただければ、適切に対応いたします。リサイクル可能なものはリサイクルし、適切に処分いたしますので、安心してご依頼ください。
おすすめ記事

その他の不用品回収例

不用品回収の流れ

  • 電話を受ける女性

    STEP01

    無料お見積り・買取査定

  • 荷物を運ぶ

    STEP02

    搬出作業

  • 掃除するスタッフ

    STEP03

    簡易清掃・ご確認

  • 請求書と印鑑

    STEP04

    お支払い

不用品回収は全てコミコミで安心の料金設定
料金例のご紹介

電話・出張お見積もり、出張査定すべて無料!!最短即日&格安で処分・お引き取り!

0120-629-956

受付時間: 08:30~21:00《年中無休》

他より1円でも高い場合はお気軽にご相談下さい!

閉じるボタン

どんな状態でも片付けます!!

TEL0120-629-956