メール
電話

大型家具

大型家具の回収

不用品回収ゼロが即日対応いたします。

お客様A

そもそも行政の粗大ゴミ処分の場所に持っていくことができない。。。

お客様B

大型家具の中に荷物もあって引き出したりする時間がなくて処分できない。。。

不用品回収ゼロ

大きいお子様、旦那様がいればなんとか大型家具の処分はできるかもしれませんが、
小さなお子様や奥様だけで大型家具の処分は危険を伴う作業になりますので、よく家族会議をして決めていくことをおすすめします!

意外と知られていないことですが、大型家具は粗大ゴミで処分するだけでなく、普段の燃えるゴミで処分することも可能です!

この記事を通して、

行政を利用しての処分なのか、民間の不用品回収業者に依頼して処分するのが最適解なのか、様々な情報を得ていただき、皆様のおかれている環境によって処分方法を考察して頂ければと思います。

行政の自治体で処分を依頼する

基本的に大型家具の処分をする際にとにかく安くで処分、回収をして欲しいという方にまず最初におすすめさせていただきたいのが、行政のゴミ回収、粗大ゴミ処分サービスです!

よく行政は無料!など言われてはおりますが、

実際には地域に住まわれている皆様の税金で運営されているので完全無料という訳ではありません。

しかし不要になった大型の家具を処分、回収で費用を払うという側面では圧倒的に費用は安くで処分が可能です。

①粗大ゴミ処分・大型ゴミの処分(シール)

大型家具を処分するのに一番最初に挙げられるのは行政の粗大ゴミ回収、処分 のサービスです。

数百円〜数千円程度で処分が可能で、後に説明する通常のゴミ回収での処分より遥かに手間が少なく、少しの費用で行政に処分依頼をして、回収してもらうサービスです。

地域(自治体・〇〇市)によってルールは異なりますが、

どの自治体での利用であれ1番の利点は費用安め、手間そこそこという感じです。

また、自治体によっては粗大ゴミシールの発行は必要なく、

月に1〜2度の大型ゴミの日に指定された回収場所に大型家具を出しておくとそのまま回収処分してもらえる自治体も存在します。

以下が大阪府(大阪市)、兵庫県(神戸市)、京都府(京都市)、奈良県(奈良市)の各自治体の大型ゴミ、粗大ゴミの処分についてです。

【大阪市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【神戸市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【京都市】大型ゴミの捨て方はこちら!

【奈良市】大型ゴミの捨て方はこちら!

②定期のゴミ回収、燃えるゴミの日に処分

実は大型家具を処分するのに、大きい不用品=粗大ゴミ、大型ゴミと言うイメージがありますが、

必ずその手続きで処分、回収依頼する必要はありません。

大型家具とはいえ、細かく分解すれば「木」になる為、毎週取りに来てもらえる行政のゴミ処分サービスの「燃えるゴミ」での処分が可能になります。

細かく分解するにはかなりの時間、解体スペース、工具などが必要になります。

②-⑴自力で解体するのに必要な道具

①手袋

②ブルーシート(最後のお掃除を楽にする為)

③毛布2〜3枚(床に敷いて傷付かないよう、養生する為)

④工具箱(プラスドライバー、マイナスドライバー、六角レンチ、ハンマー、バール、ノコギリ)

⑤保護メガネ

上記5点は最低限必要となります。

また、服装はなるべく長袖、長ズボン、家の中でもしっかりと靴を履いて作業をした方が良きです。

②-⑵自力で大型家具を解体する手順

  1. まずは解体するスペースの確保からです。おおよそ畳3畳ほど、半径1.5m程度のスペースの確保。
  2. 確保したスペースにブルシート、毛布の順番に敷く
  3. 不用になった大型家具をその上に置く。
  4. 大型家具の中にある棚板などを外していく。
  5. 扉を取り外す(工具が必要な場合はここで使用してください。)
  6. 天板から取り外します。天板と大型家具の背中(もしくは横の板)に隙間があるので、マイナスドライバーもしくはバールを入れ込む。入りにくい場合はハンマーを使用してください。
  7. 何度かぐりぐりしていると天板が浮いてきますので一気に外してください。
  8. 天板が外れたら背中の板、もしくは横の板を外していきましょう。※大型の家具全てを板状にしていくイメージです。
  9. 板状になった大型家具は「木」になりますので、ノコギリで切っていきましょう。自治体により、辺の長さを30cm以内または、指定の袋に入るように細かく分解すればあとは燃えるゴミの日に出せます。

あまり物音を立てたくない方や、スペースを確保できない方は一部ずつ大型家具を処分していくことをお勧め致します。

ドライバーなどで解体をしたり、一部ずつノコギリで切っていくなどして工夫すると最低限のスペースで大型家具を処分できます。

かなりスペースがある方は以下の解体方法も可能でございます。

弊社の女性スタッフが実際に大型の家具を解体する動画となります。

女性でも簡単に大型家具の処分はできます。

女性版テレビ台の処分方法!

家具の買取業者に査定依頼

大型家具や大型家電などを取り扱う買取屋さんの利用

少しでも高くで買い取って欲しい場合は、事前に拭き上げなどをして綺麗にしておかなくてはなりません。家具の種類によっては拭き上げる方法などもあるので調べておく必要があります。

「大型家具」出張買取の利用

出張買取の場合は、車両費(出張費)、人件費などで査定額が減額スタートになります。不用となった大型家具を自力でトラックや車両に積み込む条件があれば直接買取業者、店舗に持ち込みすることをお勧め致します。

しかし、現地についてから買取不可となった場合はまたその大型家具を持って帰らないといけない為、事前に買取り可能かどうかの査定は予め買取業者に写真などを送付した方が良いです。

また、搬出中の事故をしてしまうと買取りできませんので搬出には十分に注意が必要です。

「大型家具」店舗に直接に持ち込んでの買取

店舗に持ち込む際には、買取がまずできるのかどうかの写真が必要です。メーカー、購入時期、傷がある箇所などの撮影を事前にしておきましょう。

また、持ち込みをしてから処分での対応になるケースもある為、買取予定の大型家具が不用品扱いとなった場合は処分になります。

まずはその店舗が処分もできるのか、また回収、処分となった場合の費用はいくらになるのか事前に確認しておくといいでしょう。

購入店した店舗に買い替えと同時に下取り相談。

販売店で再度別の家具を購入

不用になった大型家具を買い替えするときは購入店に一度相談してみましょう!

販売店によっては無料で家具を引き取ってくれたり、古い家具を下取りして新しく購入する大型家具を安くで購入できる場合もあります。

もちろんメーカーによりサービスは様々ですので、一度販売店で確認することを勧めます。

不用品回収業者に依頼

費用は割高?不用品回収業者に依頼。

時間、労力、費用、自分のいま置かれている環境により、どのような形で対応するのが最適解なのかをよく勘案する事により大型家具の処分方法は異なります。

数ヶ月から一年間ほど歳月をかけて大型家具を処分するのであればご自身でできる処分の方法をお勧め致します。なぜなら、そもそも行政の処分サービスを費用の目安として置いた場合は、民間の不用品回収業者の費用は高く感じてしまいます。

不用品回収業者に依頼するシュチュエーション。

行政の大型家具の処分が数百円から数千円に対して、不用品回収業者に依頼する場合だと約8000円〜、物によっては20000円前後の回収費用が発生する大型家具もあります。

それでも絶えず不用品回収業者に依頼がある理由の一つとして、時間がない、車両や労力がない。と言うのが挙げられます。

弊社不用品回収ゼロに依頼されるお客様の多くは、「引越し日に合わせて自分で少しずつ処分していこう。」と言う意見が多い一方、「普段の仕事の忙しさから大型家具を処分する時間がない」と言われるお客様がほとんどです。

または、引越しの段取りはされていますが、「大型ゴミ、大型家具の処分の手配を失念していた。」「行政の粗大ゴミ回収、大型ゴミの処分サービスが予約で一杯で手配できなかった。」

などの意見も多く見受けられます。

メリット一杯?!不用品回収業者に依頼するメリットとは。

大型家具を処分するにあたって、費用はもちろん行政の粗大ゴミ、大型ゴミ回収のサービスを利用される方が安くで対応してくれます。

その反面、手間や労力は多くかかります。

不用品回収業者に依頼するとその手間、労力を代わりに請け負ってくれます!

大型家具を不用品回収業者に処分、回収の依頼する際のメリットを、地域の自治体のサービスと比較した場合、以下のようなポイントが挙げられます。

  1. 依頼者のニーズに合わせた回収日時: 不用品回収業者は通常、顧客のスケジュールに合わせて大型家具などの回収を行うことができます。予約が比較的自由で、短期間での対応が可能なことが多いです。一方、自治体の大型ごみ収集サービス、粗大ゴミ処分の利用には予約が必要であり、収集日が限定されているため、都合の良い日にすぐに大型家具を回収してもらえないことがあります。
  2. 大型家具以外の不用品の回収: 不用品回収業者は、大型家具だけでなく、電化製品や細かな雑貨など、さまざまな種類のアイテムを一度に回収することができる場合が多いです。これに対して、自治体の回収は特定の不用品のみに限られることが多く、条件も厳しいことがあります。
  3. 手間の軽減: 多くの不用品回収業者は、大型家具を部屋から直接運び出してくれるサービスを提供しています。これにより、重たい家具を自分で運び出す必要がなく、特に高齢者や体力に自信がない人にとって大きなメリットとなります。自治体の場合、指定の場所まで自分で運び出さなければならないことが一般的です。
  4. 大型家具を処分した際の費用面:不用品回収 業者による大型家具の回収はほとんどが有料ですが、その回収費用が自治体の処分費用と比較して高いか低いかはサービス内容によります。ただし、手間や時間を考慮に入れた場合、コストパフォーマンスは高いと感じることもあるでしょう。

これらのメリットを踏まえると、不用品回収業者の利用は、特に急ぎで家具や家電、その他雑貨を処分したい場合や、回収・処理に関して特別な要望がある場合に適していると言えます。それぞれの選択肢の利点を理解し、自分のニーズに最適な方法を選ぶことが重要となります。

大型家具の処分費用の目安は?民間?行政?どちらに依頼するべきか。

大型家具処分する際にかかる費用目安は以下です。

こちらを参考にご自身にあった処分方法を検討してみてください!

以下が大型家具の処分費用の目安です。

品名 費用
市の行政 700円〜3000円(大きさで異なる)
メーカーの下取り 0円〜(再度別の家具購入が必要)
不用品回収業者 8000円〜(大きさ搬出状況により異なる)
ペンギン

不用品回収がおすすめ!
不用品回収ゼロの強み

大型家具の処分にお困りですか?弊社「不用品回収ゼロ」にお任せください!私たちはお客様のニーズに合わせ、予算に合わせた回収、日時相談に応じます!迅速かつ柔軟なサービスを提供しています。

また、月末料金や土日作業費用などはゼロ円です!

面倒な運び出しから、大型家具の処分まで、一切の手間を省きます。

弊社不用品回収ゼロではお客様の忙しいスケジュールに合わせて作業を行い、必要な時にすぐに対応可能です。

私たちはリサイクル、リユース(海外への輸出が主)にも力を注ぎ地球環境保護にも力を入れております。

不用品や大型家具などは責任を持って適切に処分します。

大型家具の処分で頭を悩ませることなく、清々しい空間を取り戻しましょう。不用品回収ゼロは、お客様の満足と環境の持続可能性を第一に考え、最高のサービスをご提供します。今すぐお問い合わせを!

大型家具の処分でよくある質問

大型家具の処分を不用品回収業者に依頼する際にこちらで準備しておくことはありますか?
大型家具を搬出する際の注意点として2つ挙げられます。
①家具の中身を抜いておく
家具の中に荷物があると回収することはできません。また、誤って貴重品を残した状態で回収作業をしてしまうと、
回収後の荷物の返却などは対応できないことがほとんどです。
②玄関までの動線確保
大型家具を搬出するときに困ることは、玄関までの動線に荷物があると搬出することはできません。必ず玄関周り、通路、荷物周辺の荷物は動かしておきましょう。
なぜ不用品回収業者は費用が高いのですか?
行政との比較でよく「費用が高い」とされておりますが、費用面だけ見るともちろんそうです。
お客様の家まで行く人件費(二人分)、車両費、荷物の処理費用などを逆算すると相場は見えてきます。行政には皆様の税金で運営されているのに対し、民間はそうではありません。
おすすめ記事

その他の不用品回収例

不用品回収の流れ

  • 電話を受ける女性

    STEP01

    無料お見積り・買取査定

  • 荷物を運ぶ

    STEP02

    搬出作業

  • 掃除するスタッフ

    STEP03

    簡易清掃・ご確認

  • 請求書と印鑑

    STEP04

    お支払い

不用品回収は全てコミコミで安心の料金設定
料金例のご紹介

電話・出張お見積もり、出張査定すべて無料!!最短即日&格安で処分・お引き取り!

0120-629-956

受付時間: 08:30~21:00《年中無休》

他より1円でも高い場合はお気軽にご相談下さい!

閉じるボタン

どんな状態でも片付けます!!

TEL0120-629-956